コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キブラ qibla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キブラ
qibla

イスラム教徒が礼拝の際に向う方角。当初ムハンマドはエルサレムの方角に向って礼拝することを決めたが,ユダヤ教徒と敵対するにいたった 624年,神の啓示によってメッカカーバ神殿の方角に向って礼拝することを示唆されたという。以後,イスラム教ではカーバ神殿を信仰の中心とし,全世界のモスクは例外なくその中軸線がメッカの方角,すなわちキブラと一致するように建てられている。また,このキブラの目印として,礼拝室の最奥の壁にはミフラーブが設けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キブラ

イスラムにおける礼拝の方向。ヒジュラののち,エルサレムを向いて礼拝するユダヤ教の伝統に従っていたが,624年,メッカのカーバ神殿に向かって礼拝するよう改められ,今日に至っている。
→関連項目メッカ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キブラ【qibla】

〈向かう方向〉を意味するアラビア語であるが,とくにイスラム教徒が礼拝の際に向かう方向を意味する。ムハンマドはメディナへのヒジュラの直後,その地のユダヤ教徒の制度を取り入れ,エルサレムの神殿をキブラとしたが,624年2月,これをメッカのカーバに改め,現在に至っている。モスクはキブラを示すミフラーブを中心に構成され,キブラを正しく定めることが測地学の発達に貢献した。【嶋田 襄平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キブラ【qibla】

イスラム教徒が礼拝の際に向かうメッカのカーバ神殿の方向。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のキブラの言及

【ミフラーブ】より

…イスラムの礼拝堂モスクの四壁のなかで,とくに聖地メッカの方向に面する側の内壁に設けられるアーチ形のニッチ(壁龕)。主軸となる中央廊(幅広く一段高い)とキブラ壁との接点などに設置されることが多いが,小型のミフラーブが数基加えられることもある。イスラム教徒はメッカの方角(キブラ)に向かって礼拝を行うが,ミフラーブはキブラの表象といえる。…

【メッカ】より

…イスラムが大帝国をつくりあげたのちも,為政者たちは地政学的な理由からこの町を首都にすることはなかったが,宗教心あつく,敬虔な信者たちは,神の家とされるカーバのあるメッカに特別な憧憬の念をもちつづけ,優れた学識者たちがここに移り住んでいる。 すべての信者たちが礼拝を行う際のキブラ(礼拝の方角)にあたり,一生涯に一度は可能な限りここに巡礼を行うことが義務づけられているこの町は,信者たちの統一,連帯のために象徴的な役割を果たしている。カーバの一角に据えられた黒石は,ちょうど地上の時を確定するための方便として定められたグリニジ天文台の定点のように,信者たちの神との精神的交流のための定点となっている。…

※「キブラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キブラの関連キーワードイブン・トゥールーン・モスクバードシャーヒー・マスジドサーマッラーの大モスクカラウィーン・モスクカイラワーンのモスクバンダイクブラウンドナルド キブラーウマイヤ・モスクアクサー・モスクチベリウス3世シャー・モスクデンキブランイスラム美術電気ブラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android