コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キムジャン キムジャン

2件 の用語解説(キムジャンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キムジャン

《〈朝鮮語〉》韓国で立冬の前後に行われるキムチを漬け込む行事。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キムジャン
きむじゃん

冬の間に食べるキムチを晩秋から初冬にかけて漬けこむ年中行事朝鮮半島の冬は寒冷で新鮮な野菜が少なくなるため、そのかわりとして保存食のキムチを食べて不足するビタミンCを補ってきた。そのため、キムジャンでつくられたキムチを、野菜がとれない冬の間の食糧という意味から「冬の半糧食」ともいう。キムジャンということばは、キムチの語源とされる「沈菜(シムチェ)」を漬けて貯蔵する「沈蔵(シムジャン)」に由来する。
 キムジャンは、立冬の前後の最低気温0℃以下、一日の平均気温が4℃以下のころに行われる。これはキムチが発酵食品であり温度管理が重要なためである。韓国の気象庁はキムジャンの時期を知らせるためのキムジャン前線の予報を行っている。
 キムジャンでは白菜キムチほか数種類のキムチを漬け込むが、3~4か月分の量を大人数分まとめて漬け込むため、一家族だと白菜だけで50株になることもある。また、漬け込み作業に2~3日かかるため、家族や周囲の人と共同で助け合いながら作業をし、互いのキムチを分けたり、漬け方について情報交換をしたりする。この分かち合いやコミュニケーションの文化が評価され、2013年に「キムジャン文化」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。しかし、生活の都市化や貯蔵方法の変化によって、まとめて大量に漬け込む必要が少なくなり、その規模は小さくなっている。[武井 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキムジャンの言及

【キムチ】より

…秋の野菜の収穫期には冬に備えてのキムチづくりが町や村で一斉に始まる。キムジャンと呼ばれる朝鮮の年中行事で初冬の風物詩でもある。キムチは野菜の発酵食品で,乳酸菌が多く微生物によってつくられたビタミン類も多い。…

※「キムジャン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キムジャンの関連キーワード朝鮮語立冬韓国語コリアンシルム前後に暮れる総礼ナーダム孟冬の旬朝鮮族

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キムジャンの関連情報