キャッチ(英語表記)catch

翻訳|catch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャッチ
catch

17~18世紀に流行したイギリスの3声またはそれ以上の声部輪唱。歌詞の内容は滑稽なものや,卑俗なものが多く,その最初の例は歌曲集『パメリア』 Pammelia (1609) にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キャッチ(catch)

[名](スル)
捕らえること。捕捉(ほそく)。「情報をキャッチする」
球技で、ボールを捕らえること。捕球。
水泳や漕艇(そうてい)で、水をうまくとらえること。
《「キャッチャー」から》野球で、捕手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

キャッチ【catch】

( 名 ) スル
とらえること。つかまえること。 「情報を-する」
球技でボールをとらえること。捕球。
〔キャッチャーの転〕 捕手。
手やオールで水をとらえること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

キャッチ

〘名〙 (catch)
① (━する) (電波、情報などを)とらえること。つかまえること。〔アルス新語辞典(1930)〕
※絶壁(1949)〈井上友一郎〉一「正確なその情報をキャッチしようと努める」
② (━する) 球技ボールを捕えること。または受けること。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉白金・駒場の対戦「球のキャッチが巧みであって」
③ (━する) 漕艇(そうてい)や水泳で、ストロークのためにオールや腕で水をよくとらえること。
④ 「キャッチャー」の略。
※新式ベースボール術(1898)〈高橋雄次郎〉三「原語で『キャッチャー』(Catcher)と云ひ、略して『キャッチ』と呼び」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のキャッチの言及

【輪唱】より

…多声部歌唱の一つで,ラウンドroundやキャッチcatch,中世のロータrotaのように循環や車輪を連想させる歌唱をいう。一つの声部が歌い出すと他の声部が同じ旋律を一定の間隔だけ遅れて追いかけて歌う。…

※「キャッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャッチの関連情報