キャラバン

デジタル大辞泉の解説

キャラバン(caravan)

砂漠を隊を組んで行く商人の一団。隊商。
宣伝・販売などのため各地をまわる一団。
登山・調査のため辺地を行くこと。また、その一団。
トレーラーハウス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

キャラバン

ペルシア語カールバーンに由来し,隊商を意味する。内陸の大旅行のために多数の人びとが隊を組み,ラクダや馬などを用いて編成する旅行団。キャラバンによる交通はおもにアジア,アフリカの乾燥地帯で古くから行われた。とくに7世紀のアラブ軍による征服活動以降,東は中央アジアから西はマグリブ地方をへてサハラ砂漠以南まで,多くの隊商路ができ,東西の文物の交流や聖地に向かう巡礼団の旅のルートとなった。中東では隊商宿をキャラバン・サライと呼ぶ。
→関連項目シルクロード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

キャラバン

アメリカのポピュラー・ソング。作曲デューク・エリントン、ファン・ティゾール。原題《Caravan》。1936年初演。エリントン自身の楽団の持ち歌として知られるが、ほかにも多くのミュージシャンが演奏している。

キャラバン

日産自動車が 1973年から製造、販売している乗用車。4、5ドアの大型ワンボックス。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャラバン【caravan】

ペルシア語カールバーンkārvānに由来し,隊商を意味する。アラビア語ではイール‘īr,カーフィラqāfila,キタールqiṭārという。馬,ラバ,ロバやラクダなどで編成されるが,長距離間の大量輸送力という点では,1頭で270kgほどの積載能力があるラクダが最も優れている。アラブの大征服以後,ラクダを主体としたキャラバン交通と運輸のネットワークが,東は中央アジア,西はマグリブ地方やサハラ砂漠の南縁部まで広がる砂漠・ステップ地帯に張り巡らされて,長距離間の交通は飛躍的に発達し,人的交流,貿易と情報伝達を容易にして,イスラム世界の形成と統合を支える基幹となったといえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キャラバン【caravan】

砂漠を隊を組んで行く商人の集団。隊商。
ある目的のために、隊を組んで遠征したり各地を回ること。また、その集団。 「観光-」 「 -を組む」
商品の販売・宣伝のため、各地を回ること。
キャラバン-シューズの略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

キャラバン

〘名〙 (caravan)
① 砂漠を隊を組んで通行する商人一団。隊商。
邪宗門(1909)〈北原白秋〉魔睡・魔国のたそがれ「ほのかにも誘はれ来(きた)る隊商(カラバン)の 鈴鳴る…あはれ、今日もまた恐怖(おそれ)の予報(しらせ)
宣伝販売・取材活動・調査などの目的で(隊を組んで)各地を回ること。
③ 「キャラバンシューズ」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のキャラバンの言及

【サハラ砂漠】より

…サハラでの国境は植民地分割の際,イギリス,フランスなど列強の都合で地図上に引かれたため,直線が多く,不明確なものもあり,民族の分布や地下資源の存在がからんで,独立後も紛争の種となっている。古くからのキャラバン・ルートは危険なエルグを避け,目標がとりやすく水も得やすい山岳砂漠や山麓を通っていた。20世紀に入り自動車交通の時代になると,エルグと山岳を避け,台地砂漠や山麓を通るルートに変わった。…

【旅】より

… イスラム世界の商業の発展は,商業上の旅をきわめて活発なものにした。貿易商人はインド洋や地中海を渡り,各地に商業ネットワークを張りめぐらし,陸上では都市間をキャラバン・サライ(隊商宿)が結びつけた。大規模なキャラバンを組み高価な商品を扱う専門的大商人から,巡礼の途中に商いをしながら聖地に至る人まで,この種の旅行はイスラム世界のいたる所で盛んに行われた。…

【マグリブ】より

…トレムセンやフェス,マラケシュなどからシジルマーサSijilmāsaを経て南下するもの,ビジャヤやチュニスからガルダイアおよびアイン・サラーフ‘Ayn Ṣalāḥを経て南下するもの,ガベスやトリポリからガダメス(グダーミスGhudāmis)やワルグラ(ワールカラーンWārqalān)を経て南下するものなどの商業路を通じ,サハラ以南の地からは,金,奴隷,象牙,麝香(じやこう)などの香料類などが運ばれ,北方からは,塩,毛織物,紙,書物,武器,馬などが運ばれた。このサハラ交易は,ラクダによるキャラバン隊によって行われたが,サハラ遊牧民の中には,その運搬や護衛の任にあたったり,それを略奪の対象としたり,あるいは自らキャラバン隊を編成したりして,莫大な利益をあげるものがいた。11世紀のサハラ西部のサンハージャ系遊牧民によるムラービト朝(1056‐1147)の建国,12世紀以後のトレムセンの発展,古くは8世紀のルスタム朝の都ターハルトの繁栄などは,このサハラ交易と密接にかかわっている。…

【モンスーン】より

…インド洋の航海は,冬季に北東モンスーン風を利用して東南アジア,インドからペルシア湾,アラビア半島への横断が行われ,その反対方向の航海は,夏季の,しかも嵐や強風で海が荒れる真夏を避けた4~5月や8月末~9月にかけて行われた。この冬と夏の航海期に合わせ,ペルシア湾やアラビア半島の諸港には,エジプトやシリアなどからキャラバン隊が結集し,インド洋貿易はキャラバンを通じて密接に地中海世界と結ばれていた。こうしたインド洋貿易に長く用いられてきたのがダウdhowとよばれる三角帆の縫合船であった。…

【輸送】より

…陸上輸送,海上輸送の順でこの問題をみてみよう。 7世紀から19世紀前半までの陸上輸送はキャラバン(隊商)が最も一般的な形式であった。これは駄獣に荷を積み,人を乗せて一団を組んで移動していく集団輸送のことをいう。…

【ラクダ(駱駝)】より

…ユーラシア大陸での東西交易,サハラ砂漠を南北に走るブラック・アフリカとの交易,そしてアラビア半島での遠距離通商など,もしラクダがなければこれらの交易は不可能であり,海上交易での帆船に匹敵する役割を果たし,歴史的にみて,まさに文明間の文物交流に欠かせぬ地上搬送手段であったといってよい。たしかに馬やロバも搬用家畜として,人類史に貢献したことはたしかではあっても,砂漠を越えるキャラバンには耐ええない点で,ラクダの果たした役割には及ばない。もしラクダの家畜化がなければ,内陸アジアの歴史の見取図もおそらく別様になったであろう。…

※「キャラバン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャラバンの関連情報