コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュストナー キュストナーKüstner, Karl Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュストナー
Küstner, Karl Friedrich

[生]1856.8.22.
[没]1936.10.15.
ドイツの天文学者。ボン天文台台長 (1891~1926) 。恒星の子午環観測を行い,恒星の光行差を研究,極運動による緯度変化を発見し,1888年に発表した。また,恒星表を刊行。変光星の観測にも貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュストナー【Karl Friedrich Küstner】

1856‐1936
ドイツの天文学者。ストラスブール大学を卒業後ハンブルク天文台,ベルリン天文台を経て,1891年からボン天文台長兼ボン大学教授を務める。ベルリン天文台で新方式の精度の高い観測法によって光行差定数を決定しようとしたが,得られた結果には系統的な変化が含まれていて,あたかもベルリンの緯度が変化するかのようであった。キュストナーは初めその原因を大気による光の異常屈折とか温度が観測器械に及ぼす影響などに求めようとしたが,種々検討の結果,かつてオイラーが理論的に予測していた地球の極運動による緯度変化であると結論し1888年に公表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュストナー
きゅすとなー
Karl Friedrich Kstner
(1856―1936)

ドイツの天文学者。ゲールリヒ生まれ。1882年ハンブルク天文台、1884年ベルリン天文台の技師を歴任し、1891年にボン天文台長に就任。1884~1885年経緯儀による光行差を観測し、その定数に系統的変化があることを発見した。1888年、その原因が地球の極運動に基づくことを公表したが、これは緯度変化に関するオイラーの理論的予測の実証であった。この発見は1年後に各地の天文台で確認された。台長時代に恒星の子午線観測を推進して、1908年と1916年、再度にわたり二つの恒星表を出版。また恒星の視線速度を観測し、それにより太陽の視差を求めた。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

キュストナー

生年月日:1856年6月22日
ドイツの天文学者
1936年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

キュストナーの関連キーワードロキタンスキー症候群チャンドラーP‐K反応石坂公成生年月日木村栄

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android