コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルク キルクKirk, Hans

4件 の用語解説(キルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルク
キルク
Kirk, Hans

[生]1898.1.11. ハスン
[没]1962.6.16. ヘルスホルム
デンマークプロレタリア作家。ネクセ亡きあとの左翼文壇の代表者。筆致は客観的で集団を描くのが特色。代表作『漁夫』 Fiskerne (1928) はユランの貧しい漁民たちの社会的,心理的悩みを客観的に描いて,彼らの清教徒的信仰に共産主義的立場から批判を呈したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

キルク【kurk】

コルク

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キルク
きるく
Hans Rudolf Kirk
(1898―1962)

デンマークの作家、ジャーナリスト。初め労働者新聞の記者をしていて、とくに文学と社会の関係を考察した批評活動を行っていたが、リムフィヨルドの漁師の生活を集団的に描いた小説『漁夫たち』(1928)で名をあげ、北欧プロレタリア文学の先駆をなした。『日雇労働者』『新時代』(1936)などは現代の社会風刺的な作品。回想的な『影芝居』(1955)は自伝として優れている。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キルクの関連キーワード社会小説火成角礫岩LO写生文タイム東亜同文会博文館憲政党女義太夫片町線

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キルクの関連情報