キングズリン(英語表記)King's Lynn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キングズリン
King's Lynn

イギリスイングランド東部,ノーフォーク県西部,キングズリン・ウェストノーフォーク地区の町。県都ノリッジの西約 60km,ウォッシュ湾に注ぐウーズ川の河口から約 5km上流に位置する。アングロ・サクソン時代初期に始まる町で,中世には重要な港町となった。1204年ジョン王から自由都市勅許を受け,2年後には商人ギルドも許され,1537年ヘンリー8世のときにリンという市名をキングズリンと改称。肥沃な農業地帯の中心地で,人工肥料,製糖(甜菜糖),果実・野菜の冷凍と缶詰などの工場がある。シルトの堆積により港湾機能は低下したが,海との間にキングズカットと呼ばれる水路が開かれており,沿岸交易のほかバルト海諸港とも貿易を行なう。中世以来の古い建物が数多く現存し,オランダの建築様式の影響が強くみられる。人口 4万921(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android