コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キングズ・リン King’s Lynn

1件 の用語解説(キングズ・リンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キングズ・リン【King’s Lynn】

イギリス,イングランド東部のノーフォーク州北西部にある港湾都市。古称はリンで,ブリトン語のlindo(湖の意)に由来する。人口3万3300(1981)。グレートウーズ河口から約5km上流に位置し,ウォッシュ湾奥の貿易港としてかつてはイングランド東部の主要港であった。町の起源はサクソン時代にさかのぼるが,方格状の市街地が建設されたのはノルマン征服期である。1204年にジョン王から自治都市と認められ,1537年にはヘンリー8世によりキングズ・リンの名称を与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キングズ・リンの関連キーワードサフォークノーフォークノーフォークジャケットノーフォーク島フォークランド諸島クリフォーズタワーノーリッジノーリッジ城ノーフォーク・テリアノーリッチ・テリア

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone