コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンツブルグ ギンツブルグ Ginzburg, Vitaly Lazarevich

2件 の用語解説(ギンツブルグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンツブルグ
ギンツブルグ
Ginzburg, Vitaly Lazarevich

[生]1916.10.4. モスクワ
[没]2009.11.8. モスクワ
ロシアの理論物理学者。1938年モスクワ大学を卒業,1940年からソビエト連邦科学アカデミーの P.N.レーベデフ物理研究所に勤務,1971~88年同研究所の部長を務めた。ゴーリキー大学やモスクワ物理学・技術研究所でも教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンツブルグ
ぎんつぶるぐ
Natalia Ginzburg
(1916―1991)

イタリアの女性作家。シチリア島パレルモに生まれ、幼少期にトリノへ移住。ファシズム期にはユダヤ系の反体制者ゆえに二重の迫害を受け、著名なロシア文学者であった夫のレオーネは、反ファシズム運動を主導して、拷問により獄中死した。社会や歴史を背後に見据えつつも、作家としての世界観を「家族」という小宇宙(ミクロコスモス)に凝縮させ、追憶や心理を主軸としながら書いた作品が多い。ストレーガ賞受賞の長編小説『家族の用語集』(1963)が代表作であり、ほかに『愛するミケーレへ』(1973)、『マンゾーニ家』(1983)などがある。気鋭の歴史学者カルロ・ギンツブルグCarlo Ginzburg(1939― )は子息。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギンツブルグの関連キーワードモスクワ宣言モスクワ芸術座・モスクワ藝術座モスクワ5000モスクワ国際平和マラソンモスクワ室内管弦楽団モスクワ・ソロイスツモスクワを占領せよモスクワ・ヴィルトゥオージモスクワ音楽劇場バレエ団モスクワ・シティー・バレエ団

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone