コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンメダイ Polymixia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンメダイ
Polymixia japonica

ギンメダイ目ギンメダイ科の海水魚。別名ギンメ。体長 30cm内外。体はやや側扁し,眼が大きく,下顎一対のひげがある。体は青灰色,腹面淡色で,背鰭の最高部に 1黒斑がある。大陸棚縁辺から大陸斜面域の中底層にすむ。産卵期は夏。相模湾以南の太平洋岸,東シナ海に分布する。肉は練製品の原料とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンメダイ
ぎんめだい / 銀目鯛
Japanese beard fish
[学]Polymixia japonica

硬骨魚綱ギンメダイ目ギンメダイ科に属する海水魚。福島県以南の太平洋岸、八丈島、東シナ海、九州・パラオ海嶺(かいれい)、台湾、ハワイ諸島に分布する。体は楕円(だえん)形で側扁(そくへん)する。目は大きく、下顎(かがく)に1対の長いひげがあるのが特徴。背びれは1基で前後に長い。体は金属光沢を帯びた青灰色で腹方は銀白色。背びれ上端と尾びれの先端は黒い。体長30センチメートル。目の虹彩(こうさい)が銀色で、体形がキンメダイに似ていることから、キンメダイと対照させてこの名がある。また、アゴナシともよばれる。水深150~650メートルの砂礫(されき)底や岩盤底にすみ、機船底引網で漁獲される。かまぼこの原料とされるが、干物にすると美味である。日本の海域から本科に1属4種が知られている。本種は吻端(ふんたん)が上顎より突出しないことでオカムラギンメP. sazonoviに似るが、腹びれと臀(しり)びれは黒くないことなどで区別する。ほかの2種のアラメギンメP. berndtiとキララギンメP.longispinaは吻端が上顎の前端より前方に突出することで異なる。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギンメダイの関連キーワードギンメダイ(銀目鯛)正真骨類銀目鯛深海魚銀眼鯛

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android