コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーゼブレヒト ギーゼブレヒト Giesebrecht, Wilhelm von

2件 の用語解説(ギーゼブレヒトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギーゼブレヒト
ギーゼブレヒト
Giesebrecht, Wilhelm von

[生]1814.3.5. ベルリン
[没]1889.12.8. ミュンヘン
ドイツの歴史家。 G.ワイツ,H.ジーベルと並ぶ L.ランケ直弟子で,中世史の研究にすぐれた業績を残した。主著『ドイツ皇帝時代の歴史』 Geschichte der deutschen Kaiserzeit (6巻,1855~95) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギーゼブレヒト
ぎーぜぶれひと
Wilhelm von Giesebrecht
(1814―1889)

ドイツの中世史家。ミュンヘン大学教授(1862年以降)。ランケの高弟の一人で、そこで学んだ厳密な史料批判の方法でいくつかの重要史料を公刊した。主著は『ドイツ皇帝時代史』6巻(1855~95)で、そこにみられる皇帝時代賛美、皇帝の「イタリア政策」擁護論は、ジーベルの激しい攻撃を受け、これが発端で、ジーベルと、ギーゼブレヒト擁護にたったフィッカーJulius von Ficker(1826―1902)との間に、皇帝のイタリア政策の功罪をめぐり皇帝政策論争が展開された。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギーゼブレヒトの関連キーワード西ベルリン東ベルリンベルリン青ベルリン映画祭シュターツカペレ・ベルリンベルリン空輸回廊ベルリン・ゲームベルリン州立管弦楽団ベルリンタワーベルリン協定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone