コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーゼブレヒト Giesebrecht, Wilhelm von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギーゼブレヒト
Giesebrecht, Wilhelm von

[生]1814.3.5. ベルリン
[没]1889.12.8. ミュンヘン
ドイツの歴史家。 G.ワイツ,H.ジーベルと並ぶ L.ランケの直弟子で,中世史の研究にすぐれた業績を残した。主著『ドイツ皇帝時代の歴史』 Geschichte der deutschen Kaiserzeit (6巻,1855~95) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギーゼブレヒト
ぎーぜぶれひと
Wilhelm von Giesebrecht
(1814―1889)

ドイツの中世史家。ミュンヘン大学教授(1862年以降)。ランケの高弟の一人で、そこで学んだ厳密な史料批判の方法でいくつかの重要史料を公刊した。主著は『ドイツ皇帝時代史』6巻(1855~95)で、そこにみられる皇帝時代賛美、皇帝の「イタリア政策」擁護論は、ジーベルの激しい攻撃を受け、これが発端で、ジーベルと、ギーゼブレヒト擁護にたったフィッカーJulius von Ficker(1826―1902)との間に、皇帝のイタリア政策の功罪をめぐり皇帝政策論争が展開された。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ギーゼブレヒト

生年月日:1814年3月5日
ドイツの歴史家
1889年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ギーゼブレヒトの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android