コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クインケ浮腫 クインケふしゅQuincke's edema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クインケ浮腫
クインケふしゅ
Quincke's edema

血管神経性浮腫。ドイツの医師 H.I.クインケにより初めて記載されたのでこの名がある。皮膚毛細血管透過性が高まり,急に浮腫を起すもの。頭痛,倦怠感,食欲不振などの症状に続いて,皮膚に青白い境界のはっきりしない,手のひら大あるいはそれ以上の広範囲にわたる浮腫が現れる。自覚症状は軽いかゆみとほてりで,数分ないし数時間,長いときでも2~3日で消え,時間をおいてまた現れる。特にまぶた,頬,口唇など顔面に多くみられる。小児期から壮年期に好発する。原因は不明であるが,抗ヒスタミン剤副腎皮質ホルモン剤で軽快する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クインケふしゅ【クインケ浮腫 Quincke’s edema】

血管神経性浮腫angioneurotic edemaともいう。1882年にドイツの内科医クビンケHeinrich I.Quincke(1842‐1922)が初めて記録した病気で,浮腫が真皮の下層から皮下組織に生じるもの。突然,眼の周囲や口唇,陰茎などがはれてむくみ,数時間~数日続く。色は変わらないことが多いが,多少赤みをおびたり,白っぽく見えることもある。蕁麻疹(じんましん)ほどかゆくはない。子どもに起こりやすく,腎炎による浮腫と区別することが大切である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クインケふしゅ【クインケ浮腫】

血管性浮腫の一。突然、顔やまぶた、唇など皮膚や粘膜に部分的な浮腫ができるもの。アレルギーとの関連が深いとされる。 〔クインケはドイツの医師(H. I. Quincke)〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クインケ浮腫
くいんけふしゅ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クインケ浮腫の関連キーワード自律神経失調症血管神経性浮腫血管性水腫じんま疹声門水腫喉頭浮腫

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android