コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クインケ浮腫 クインケふしゅ Quincke's edema

5件 の用語解説(クインケ浮腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クインケ浮腫
クインケふしゅ
Quincke's edema

血管神経性浮腫。ドイツの医師 H.I.クインケにより初めて記載されたのでこの名がある。皮膚の毛細血管の透過性が高まり,急に浮腫を起すもの。頭痛,倦怠感,食欲不振などの症状に続いて,皮膚に青白い境界のはっきりしない,手のひら大あるいはそれ以上の広範囲にわたる浮腫が現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クインケ‐ふしゅ【クインケ浮腫】

局部的に興奮した毛細血管からもれ出た液が組織にたまって起こるむくみ。まぶたや唇にできることが多く、アレルギーによるといわれる。1882年にドイツの内科医クインケ(H.I.Quincke)が報告。血管神経性浮腫血管性浮腫

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クインケふしゅ【クインケ浮腫 Quincke’s edema】

血管神経性浮腫angioneurotic edemaともいう。1882年にドイツの内科医クビンケHeinrich I.Quincke(1842‐1922)が初めて記録した病気で,浮腫が真皮の下層から皮下組織に生じるもの。突然,眼の周囲や口唇,陰茎などがはれてむくみ,数時間~数日続く。色は変わらないことが多いが,多少赤みをおびたり,白っぽく見えることもある。蕁麻疹(じんましん)ほどかゆくはない。子どもに起こりやすく,腎炎による浮腫と区別することが大切である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クインケふしゅ【クインケ浮腫】

血管性浮腫の一。突然、顔やまぶた、唇など皮膚や粘膜に部分的な浮腫ができるもの。アレルギーとの関連が深いとされる。 〔クインケはドイツの医師(H. I. Quincke)〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クインケ浮腫
くいんけふしゅ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クインケ浮腫の関連キーワード神経性下痢血管性浮腫血管神経性浮腫神経症性鬱病血管性水腫腸管神経系細胞障害性浮腫神経性胃炎神経性多飲症神経性調節

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone