クインケ浮腫(読み)クインケふしゅ(英語表記)Quincke's edema

  • (皮膚の病気)
  • クインケ浮腫 Quincke’s edema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血管神経性浮腫ドイツの医師 H.I.クインケにより初めて記載されたのでこの名がある。皮膚毛細血管透過性が高まり,急に浮腫を起すもの。頭痛倦怠感食欲不振などの症状に続いて,皮膚に青白い境界のはっきりしない,手のひら大あるいはそれ以上の広範囲にわたる浮腫が現れる。自覚症状は軽いかゆみとほてりで,数分ないし数時間,長いときでも2~3日で消え,時間をおいてまた現れる。特にまぶた,頬,口唇など顔面に多くみられる。小児期から壮年期に好発する。原因は不明であるが,抗ヒスタミン剤副腎皮質ホルモン剤で軽快する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

血管神経性浮腫angioneurotic edemaともいう。1882年にドイツの内科医クビンケHeinrich I.Quincke(1842‐1922)が初めて記録した病気で,浮腫が真皮の下層から皮下組織に生じるもの。突然,周囲や口唇,陰茎などがはれてむくみ,数時間~数日続く。色は変わらないことが多いが,多少赤みをおびたり,白っぽく見えることもある。蕁麻疹じんましん)ほどかゆくはない。子どもに起こりやすく,腎炎による浮腫と区別することが大切である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

血管性浮腫の一。突然、顔やまぶた、唇など皮膚や粘膜に部分的な浮腫ができるもの。アレルギーとの関連が深いとされる。 クインケはドイツの医師(H. I. Quincke)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

六訂版 家庭医学大全科の解説

 血管性浮腫(けっかんせいふしゅ)とも呼ばれるじんま疹の一種で、まぶたや唇などが発作性にはれる病気です。クインケは人の名前に由来しています。突然、体の一部に浮腫(むくみ)が生じます。まぶたや唇によく現れます。かゆみ、熱感を伴うことがあり、数時間から数日続きます。

 まれに遺伝する場合もあり、この場合はC1インヒビターという蛋白の異常が原因であることがわかっています。高血圧の治療薬の副作用として、血管性浮腫が生じることもあります。重症の場合は、のどがはれて窒息する危険があるので注意が必要です。

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android