コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クオバディス クオバディス 〈ラテン〉Quo Vadis

2件 の用語解説(クオバディスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クオ‐バディス(〈ラテン〉Quo Vadis)

《「あなたはどこへ行くのか」の意》シェンキェビチの長編歴史小説。1896年刊。暴君ネロ治世下のローマを舞台に、迫害されるキリスト教徒の精神的勝利を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クオ・バディス
くおばでぃす
Quo Vadis

ポーランドの作家シェンキェビッチの長編歴史小説。1896年刊。狂気と淫乱(いんらん)の生活を送るローマ皇帝ネロ。キリスト教の信仰を広める使徒ペテロとパウロ。信徒の少女リギアを恋する青年貴族ビニキウス。ネロはひそかにローマの都に火を放ち、その罪をキリスト教徒にかぶせようとする。信者の大虐殺が始まり、リギアも捕らえられて水牛に引き裂かれそうになるが、忠実な召使いウルススが水牛と戦って勝ち、感動した人々の命乞(ご)いで救われる。ペテロとパウロも殉教し、やがてネロの運命の尽きる日が訪れる。題名はラテン語で「あなたはどこへ行くか」の意で、ペテロが十字架に赴くキリストに問いかけたことば。作中のリギアはポーランド女性、ウルススの怪力はポーランド国民の力を示し、作者はこの作品で、正義と真実の勝利を訴えて、迫害されるポーランド民族の運命に希望を与えた。[吉上昭三]
『吉上昭三訳『クオ・ヴァディス』全2冊(旺文社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クオバディスの関連キーワードクオバディスクレッシェンドデクレッシェンド詣でる理屈と膏薬はどこへでも付く貴方方米の飯とお天道様はどこへ行っても付いて回る其処へ行くとテラ・シェンナドミネ・クオ・ヴァディス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クオバディスの関連情報