コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クオバディス 〈ラテン〉Quo Vadis

デジタル大辞泉の解説

クオ‐バディス(〈ラテン〉Quo Vadis)

《「あなたはどこへ行くのか」の意》シェンキェビチの長編歴史小説。1896年刊。暴君ネロ治世下のローマを舞台に、迫害されるキリスト教徒の精神的勝利を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クオ・バディス
Quo Vadis?

ポーランドの作家ヘンリク・シェンケーウィチの歴史小説。1896年発表。3巻。題名はラテン語で,新約聖書『ヨハネによる福音書』(13・36)の「主よ,どこへ行かれるのですか」に由来する。ローマ帝国の暴君ネロ時代の,初期キリスト教徒の殉教の史実に基づく長編(→初期キリスト教会)。発表時,ロシア支配下に置かれていたポーランド国民の運命を作品に託して,正義の勝利を描いたもの(→ポーランド分割)。1905年にシェンケーウィチがノーベル文学賞を受賞して,世界的なベストセラーとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クオ・バディス
くおばでぃす
Quo Vadis

ポーランドの作家シェンキェビッチの長編歴史小説。1896年刊。狂気と淫乱(いんらん)の生活を送るローマ皇帝ネロ。キリスト教の信仰を広める使徒ペテロとパウロ。信徒の少女リギアを恋する青年貴族ビニキウス。ネロはひそかにローマの都に火を放ち、その罪をキリスト教徒にかぶせようとする。信者の大虐殺が始まり、リギアも捕らえられて水牛に引き裂かれそうになるが、忠実な召使いウルススが水牛と戦って勝ち、感動した人々の命乞(ご)いで救われる。ペテロとパウロも殉教し、やがてネロの運命の尽きる日が訪れる。題名はラテン語で「あなたはどこへ行くか」の意で、ペテロが十字架に赴くキリストに問いかけたことば。作中のリギアはポーランド女性、ウルススの怪力はポーランド国民の力を示し、作者はこの作品で、正義と真実の勝利を訴えて、迫害されるポーランド民族の運命に希望を与えた。[吉上昭三]
『吉上昭三訳『クオ・ヴァディス』全2冊(旺文社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クオバディスの関連キーワードサンタマリアインパルミス教会ウェーバーとフィールズイタリア映画ペトロニウス秀吉と利休

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クオバディスの関連情報