コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クオリア クオリア qualia

2件 の用語解説(クオリアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クオリア(qualia)

感覚的・主観的な経験にもとづく独特の質感。「秋空の青くすがすがしい感じ」「フルートの音色のような高く澄んだ感じ」など。感覚質。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クオリア
くおりあ
qualia

たとえば晴れた秋空の「青く清々しい感じ」のような、特定の感覚的経験に伴う独特の質感を表す概念。脳科学は心のはたらきを脳の生み出す作用と考えてきたが、脳内の神経ネットワークはあまりに複雑であり、電気回路を理解するように、完全に機械的には理解することができない。すなわち「感覚的経験は神経興奮の特定の電気的パターンに還元できる」といった素朴な考え方では、脳と心の問題に太刀打ちすることはできないのである。「クオリア」とは、この困難な問題に新しい視点からアプローチするものであり、いわば心という主観的な経験の世界と、分子レベルの精密なメカニズムとの仲立ちをする概念であるといえよう。こうした着想が脳科学を超えて興味深いのは、従来は哲学や人文科学が扱ってきた感覚の主観的な質という問題に、自然科学が挑戦し始めたことである。このことは、近代科学の素朴な還元主義的態度に変更を迫ると同時に、これまで「心の問題は科学では解けない」と断定してきた人文科学にも、深い反省を促すものである。「クオリア」とは哲学と脳科学との接点となる概念であり、従来の西洋哲学で「心身問題」として追及されてきた難問に、新たな角度から挑戦するものである。[吉岡 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クオリアの関連情報