コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クオーコ Vincenzo Cuoco

2件 の用語解説(クオーコの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クオーコ【Vincenzo Cuoco】

1770‐1823
ナポリの歴史家,政治家。ブルボン朝ナポリ王国を倒して共和制を樹立した1799年のナポリ革命に参加,革命失敗後ミラノに亡命,《ジョルナーレ・イタリアーノ》誌を創刊して民族意識の形成を論ずる。1806年ナポリ王国がナポレオン体制下に組みこまれるとともにナポリに戻り,政府の一員として教育,財政,司法の改革に努める。主著《ナポリ革命論》(1801)で,革命思想は普遍的な理性から導き出されるのでなく,それぞれの民族のもつ伝統と結びつくことが重要だと説き,ナポリ革命がフランス革命に触発され,フランス革命と同一の思想原理に立って進められたことに反省を加えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クオーコ
くおーこ
Vincenzo Cuoco
(1770―1823)

イタリアの歴史家、文学者。チビタカンポマラーノに生まれ、ナポリで勉学。1799年のナポリ革命では、共和制政府の支持者となる。反革命が勝利すると、追放されてミラノへ行く。『1799年のナポリ革命についての歴史的試論』(1801)を公刊し、書簡形式の物語『イタリアにおけるプラトン』を書く。『ジョルナーレ・イタリアーノ』の編集長となる(1804~06)。フランスなどのような外国の諸制度の観念的模倣に終始することなく、イタリア固有の政治的・経済的構造、慣習、文化的伝統に根ざしてイタリア復興を図るべき必要を説く。1806年ナポリに帰り、要職についたが、ブルボン家復興後は引退。[佐藤三夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クオーコの関連キーワードアナポリストックビル史家タキトゥスポリビオス歴史家スパッカナポリナポリを見てから死ねスパゲティ・ナポリタンナポリ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クオーコの関連情報