コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシャトラパ kṣatrapa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クシャトラパ
kṣatrapa

アケメネス朝以来,古代イランで州長官を意味するサトラップインドで転訛した語。インドではサカ族が王の称号として用い,彼らが建設した西クシャトラパ朝は1世紀後半から約 300年間西部インドを支配し,395年頃チャンドラグプタ2世に滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クシャトラパ【kṣatrapa】

西インド,北西部デカンなどを支配したサカ(シャカ)民族の君主の称号。前2世紀ごろインドに入ったサカ(塞)民族は,支配地をいくつかの領国に分けて統治し,それら領国の君主を,アケメネス朝の州長官(サトラップ)に由来するクシャトラパ,マハー(大)・クシャトラパの名で呼んだ。クシャトラパ勢力のうち,(1)西インドの一部と北西部デカンを支配したクシャハラータ朝と,(2)マールワー・カーティアーワール地方に本拠を置く王朝との二つが有力であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クシャトラパ
くしゃとらぱ
Katrapa

古代ペルシア語のクシャトラパバン、ギリシア語のサトラペースと同じく、大守、総督の意。しかし、インド、パキスタンを支配したサカ人においては地方の支配者のことで、ほぼ王に等しい。出土した碑文には、クスルカ、パティカ、インドラバルマンなどのクシャトラパが知られるが、とくにインドのマトゥラのランジュブラ、ショーダーシャなどは大クシャトラパとして貨幣なども発行している。[田辺勝美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクシャトラパの言及

【サカ】より

…王は〈諸王の王〉と称して西北インドにシャカ国Śakasthānaを建てる一方,中部インドのマトゥラーにまで遠征を企てた。王の下にはマハー(大)・クシャトラパmahā‐kṣatrapa,クシャトラパを置き,国内を監督させたが,これはアケメネス朝以来の地方総督であるサトラップのインド語訛であるといわれる。 マウエースの死後王国は一時分解したが,後1世紀ころクシャトラパの一系統のブーマカBhūmaka,ナハパーナNahapāna父子によって,サウラーシュトラ,マールワー地方に勢力が築かれた。…

※「クシャトラパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クシャトラパの関連キーワード西・南アジア史(年表)サータバーハナ朝ウッジャイン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android