コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クスタナイ Kustanay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クスタナイ
Kustanay

カザフスタン北部,クスタナイ州州都。ウラル山脈南部東麓にあり,トボル川上流部にのぞむ。 1879年ボルガ川流域地方からの移民によって建設され,ステップ地帯の商業中心地となった。 1950年代後半の処女地開拓政策,州内の鉱産資源開発,鉄道新線の建設などにより大きく発展。皮革化繊,縫製,食肉,機械部品,自転車などの工業が立地。教育大学がある。鉄道,ハイウェー分岐点。人口 23万 3900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クスタナイ【Kustanai】

中央アジア,カザフスタン共和国北部,同名州の州都。人口23万3900(1991)。トボル川左岸にある。1879年基礎をおかれ,93年市の権利を許され,以後95年までニコラエフスクNikolaevskとよばれた。1912‐13年チェリャビンスクへの鉄道が開通。17年12月25日(新暦18年1月7日),ソビエト権力が樹立されたが,反革命軍に占領され,19年8月19日革命軍に解放された。革命前には半手工業的な製革・ビール醸造工場があったにすぎないが,革命後に工業・文化の中心地に改造された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クスタナイ
くすたない
Кустанай Kustanay

中央アジア、カザフスタン共和国クスタナイ州の州都。コスタナイKostanay,Qostanayとも表記する。1893年から95年までニコラエフスクНиколаевск/Nikolaevskと称した。人口22万1400(1999)。オビ川の支流トボル川の左岸に沿って市街が延びる。ロシアのチェリャビンスクなどへの鉄道の分岐点。かつては食品、皮革の半家内的工業が行われていたが、第二次世界大戦後、工業、文化の一大中心地となり、鉄鋼、機械、化学繊維、建材などの重工業が発達した。近郊の有用鉱物資源の発見、開発に加えて、1879年以来のボルガ地方からの移民の伝統と、ソ連邦時代の処女地開拓運動の結果、1960年代に著しい発展を遂げた。[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クスタナイの関連キーワードコクチェタフルドヌイ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android