コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クストゥー Coustou, Guillaume

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クストゥー
Coustou, Guillaume

[生]1677.4.25. リヨン
[没]1746.2.20. パリ
フランスの彫刻家。ルイ王朝時代の彫刻家一族の一人。叔父 A.コアズボーに彫刻を学ぶ。若くしてアカデミーの監督官となり,1707年から王室の仕事にたずさわった。代表作は『マルリーの馬』 (1740~45,パリ,シャンゼリゼ) 。同名の息子,兄の N.クストゥーも著名な彫刻家

クストゥー
Coustou, Nicolas

[生]1658.1.9. リヨン
[没]1733.5.1. パリ
フランスの彫刻家。著名な彫刻家の家系に属し,C.フランソアの子,A.コアズボーの甥,ギヨームクストゥーの兄。父と叔父に学んだあとパリに出て,1682年ローマ賞を獲得し翌年ローマに留学。帰国後ベルサイユ,トリアノン宮の王立工房,およびマルリで制作。弟のギヨームとの共作が多く,もつぱら大理石を用いて記念碑的彫刻を制作。主要作品はマルリの『矢筒を持つニンフ』,および『鳩とビーナス』 (チュイルリー宮殿) ,『狩りに憩うアドニス』 (ルーブル美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クストゥーの関連キーワードシュトックハウゼンブーシャルドンサールナートフランソア4月25日ルビヤック

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android