コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クニャージ クニャージknyaz'

2件 の用語解説(クニャージの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クニャージ
クニャージ
knyaz'

ロシア貴族の呼称の一つで,「公」と訳される。古代スカンジナビアで種族共同体の首長を意味する Konungr,ないしは Kuningに語源をもち,9世紀ロシア最初の統一国家キエフ公国の権力を握ったリューリク家一族の者が公となったのが初め。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クニャージ
くにゃーじ
князь knyaz' ロシア語

ロシアの公、侯の意。最初は種族、氏族の長の称号であった。リューリクによる国家形成後はその一族が公とよばれ、なかでもキエフを支配したものを大公(ベリキー・クニャージ)とよんだ。モンゴル支配時代には、ハンにより任命された者が全ロシアの大公と認められたが、モスクワなどの公国が自立性を強めると、大公を称するに至る。大公国内に属領をもつ皇子たちは分領公といわれた。14、15世紀モスクワ大公の強大化に伴い、分領公はしだいに大公に仕える勤務公となり、貴族の上層部を占めたが、大公の称号がツァーリにかわり、君主権の強化につれて、公の特権は失われ、世襲的なこの称号のみが残った。18世紀以後、皇帝が恩賞として公の称号を付与した。[伊藤幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone