コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クボガイ クボガイ Tegula argyrostoma; silver-mouthed monodont

2件 の用語解説(クボガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クボガイ
クボガイ
Tegula argyrostoma; silver-mouthed monodont

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。殻高 4cm,殻径 3.5cmに達する。殻は黒色,円錐形で,厚い。殻表にはやや斜めに約 20本の縦肋がある。殻底は平らで,5本内外の螺肋がある。殻口内は白く,真珠光沢があるが,臍のくぼみは緑色になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クボガイ
くぼがい / 窪貝
[学]Chlorostoma argyrostoma lischkei

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝房総半島以南の潮間帯で岩礁の石の下などに普通にみられ、「いそもの」あるいは「いそ玉」といわれ、沿岸に住む人たちが食べる貝の一種である。殻高40ミリメートル、殻径35ミリメートルの低い円錐(えんすい)形で、殻は厚く黒褐色、やや斜めに走る太い縦肋(じゅうろく)があり殻表は粗い。殻底には細い螺条(らじょう)があり、臍孔(へそあな)のところがくぼみ、多くの場合緑色がかっている。殻口はやや下向きで、軸唇には低い歯状突起がある。蓋(ふた)は濃褐色で革質の多旋形。幼若期はそろばん玉形で、2本の周縁角があり別種のようにみえる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クボガイの関連キーワード軟体動物有肺類後鰓類腰高雁空前鰓類象水母千種貝石畳貝疣細螺軟体類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone