コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クボガイ Tegula argyrostoma; silver-mouthed monodont

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クボガイ
Tegula argyrostoma; silver-mouthed monodont

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。高 4cm,殻径 3.5cmに達する。殻は黒色,円錐形で,厚い。殻表にはやや斜めに約 20本の縦肋がある。殻底は平らで,5本内外の螺肋がある。殻口内は白く,真珠光沢があるが,臍のくぼみは緑色になる。ふたは褐色,革質で丸く,巻きが多く,核は中央にある。北海道南西部から九州を経て朝鮮半島,中国南部までの潮間帯の転石地にすむ。磯物と称して食用にする。なお,外層上縁が体層上に長く伸びるものはヘソアキクボガイ T.turbinatumと呼ばれるが区別は困難な場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クボガイ
くぼがい / 窪貝
[学]Chlorostoma argyrostoma lischkei

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝。房総半島以南の潮間帯で岩礁の石の下などに普通にみられ、「いそもの」あるいは「いそ玉」といわれ、沿岸に住む人たちが食べる貝の一種である。殻高40ミリメートル、殻径35ミリメートルの低い円錐(えんすい)形で、殻は厚く黒褐色、やや斜めに走る太い縦肋(じゅうろく)があり殻表は粗い。殻底には細い螺条(らじょう)があり、臍孔(へそあな)のところがくぼみ、多くの場合緑色がかっている。殻口はやや下向きで、軸唇には低い歯状突起がある。蓋(ふた)は濃褐色で革質の多旋形。幼若期はそろばん玉形で、2本の周縁角があり別種のようにみえる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クボガイの関連キーワードクマノコガイ食用貝

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android