クメン(英語表記)cumene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クメン
cumene

クモール,イソプロピルベンゼンともいう。 (CH3)2CHC6H5 で表わされる。沸点 153℃の無色透明の液体。ベンゼンプロピレンから硫酸あるいは塩化アルミニウム触媒として液相において,もしくはリン酸 (担体はケイ藻土など) を触媒として気相において,工業的に合成される。クメン法によってベンゼンとプロピレンからフェノールアセトンを製造するときの中間体である。溶剤としても使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クメン【cumene】

イソプロピルベンゼン,クモールともいう。芳香族炭化水素の一つ。天然には,植物精油(クミン油)中に,また石油中に存在するが,これらからの分離は困難である。無色透明の液体で,融点-96.02℃,沸点152.39℃。クメンは,重要な有機工業化学製品の一つであり,ベンゼンとプロピレンから,酸触媒(液相法では硫酸あるいは塩化アルミニウム,気相法ではリン酸‐担体)を用いて製造される。クメンを原料として,いわゆるクメン法により,フェノール(石炭酸))とアセトンが製造される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クメン
くめん
cumene

芳香族炭化水素の一つ。イソプロピルベンゼン、クモールともいう。ヒメウイキョウCuminum cyminumから得られる精油であるクミン油から得られるのでこの名がある。工業的にはベンゼンにプロピレンをフリーデル‐クラフツ反応させて製造される。水には不溶であるが、各種有機溶剤には溶ける。かつては高オクタンガソリンの配合剤としても用いられた。またクメン法によるフェノールとアセトン製造の合成原料。また、アセトフェノンやα-メチルスチレンの合成に用いられる。[向井利夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

クメン

〘名〙 (cumene) 芳香族炭化水素の一つ。無色透明の油状液体。タール系、石油系の芳香族油の中に少量存在する。フェノール(石炭酸)、アセトンの原料。イソプロピルベンゼン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android