コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライド[川] クライド

2件 の用語解説(クライド[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クライド[川]【クライド】

英国,スコットランド南西部の川。南部高地に発し,北西流してクライド湾に注ぐ。全長170km。沿岸にグラスゴーをはじめハミルトンダンバートンクライドバンクなどスコットランドの核心をなす工業都市がある。
→関連項目イギリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クライド[川]【River Clyde】

イギリス,スコットランド地方南西部のストラスクライド州を流れる,同地方で最も重要な河川。クライドとはゲーリック語で〈岩の丘〉の意。ローマ時代にはクロッタ川と呼ばれた。全長170km,流域面積3836km2。南部高地のダー湖を水源とし,上流はかつてトウィード川の支流であった。中流部のラナーク付近にはクライド滝呼ばれる四つの滝があり,その水力は産業革命初期に綿工業に利用された。またハミルトンに至るクライド谷は,果樹栽培や温室園芸,馬飼育の集約的農業が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のクライド[川]の言及

【イギリス】より

…農業では少雨の東部が穀物栽培に,湿潤な西部が酪農,牧羊に重点をおいている。また鉱工業もエアシャー,ファイフ州などの炭田を背景に発展し,グラスゴーを核とするクライド川流域Clydesideには鉄鋼・造船などの重工業が集中している。これに対し古都エジンバラは,軽工業や金融業に特色を有する文化都市である。…

※「クライド[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クライド[川]の関連キーワードスコットランドヤードスコティッシュ・テリアウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアグレンコーローモンド湖スカイ・テリアディアハウンドビアデッド・コリースコットランド風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone