コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウディング・アウト クラウディング・アウト crowding out

3件 の用語解説(クラウディング・アウトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラウディング・アウト
クラウディング・アウト
crowding out

貨幣供給量不変のもとでの国債の市中消化による財政支出の増加が,利子率の上昇を通じて民間の資金需要を抑制し,民間投資を減少させる (追い出す) 現象のこと。元来,民間投資が政府支出の資金調達によって追出されるという直感的イメージからアメリカで生れた用語である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

クラウディング・アウト

公債発行によって利子率が上昇し、民間投資が抑制され、公共支出が民間支出を押し出してしまうこと。貨幣供給量が一定の下、公債財源によって支出を拡大して雇用の増加を図るケインズ政策を行っても、利子率が上昇してクラウディング・アウト効果が働いてしまう。そこで、経済学者のジョン・R.ヒックスは、IS‐LM分析(財市場における投資(I)と貯蓄(S)の関係と、貨幣市場における貨幣需要(L)と貨幣供給(M)の均衡を同時に充足する利子率と国民所得組み合わせを見いだす分析方法)を用いて、クラウディング・アウトを防ぐためには、通貨供給量を増加させながら財政支出の拡大を行う「ポリシー・ミックス」を主張した。これに対してミルトン・フリードマンに代表されるマネタリストは、失業率は長期的には自然失業率という一定水準にとどまるため、財政支出の拡大を行うケインズ政策はインフレ率を上昇させるだけに終わる、と批判した。

(神野直彦 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラウディング・アウト

国債の増発などによる政府の資金需要の増加が市中金利を上昇させ,金融が逼迫(ひっぱく)して民間の資金需要を抑制する現象のこと。貨幣量が一定に維持されているときに発生し,これを避けようとすればインフレーションを招く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のクラウディング・アウトの言及

【赤字財政】より

…財政支出のすべてを租税収入で賄う場合に比べると,民間の可処分所得は財政赤字分だけ多く,したがって,消費支出が増大すると考えられるからである。しかし,赤字財政を賄うための公債の発行は,利子率を上昇させ,設備投資等の支出を抑制することにも注意すべきである(こうした現象は,〈クラウディング・アウト〉とよばれる)。仮にこうした効果が完全に働くなら,消費支出の増大は相殺され,有効需要は拡大しないことになる。…

【財政】より

…なぜなら日本の場合,民間投資が不活発だということ,貯蓄率が国際的にきわめて高いということがあって,民間貯蓄は民間投資をかなり大幅に超過しているからである。これが,累増する赤字財政にもかかわらず,政府の資金調達により,金融市場が迫し,その結果民間の資金調達が困難になるというクラウディング・アウトcrowding outの現象や,逆にインフレに突入しない理由であると思われる。しかし赤字財政で注目しなければならないことは,第1に赤字の部分だけ民間金融資産がふえるということ,第2にふえる割合は国債と通貨とから成るということである。…

【乗数理論】より

…とくに前者は,公共投資のための資金需要の増大や物価上昇によって,利子率が上昇し,民間の投資活動が低調になる可能性を示唆している。これはクラウディング・アウトと呼ばれる現象である。 また外国貿易が存在する場合には,独立支出の増加による乗数効果の一部は,外国における所得と雇用の増加となってあらわれる。…

【フィスカル・ポリシー】より

…政府支出の増大を租税(たとえば所得税)で賄うとすれば,租税の増加が可処分所得を減少させるため民間の消費支出が減退し,総需要の増分は政府支出だけの増大の場合と比較すると小さくなる。次に政府支出を公債の発行で賄ったとすると,国債残高の増加が資産の増加となり,資産効果(富効果)が働き貨幣需要を増加させるので金利が上がり,民間資金需要を圧迫し,民間設備投資が減退し総需要がまったく増加しないことも生じうる(クラウディング・アウト)。このようにフィスカル・ポリシーの実行に際しては,政府支出の財源を何にするかも重要な点である。…

※「クラウディング・アウト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラウディング・アウトの関連キーワード永久公債貸付資金説国家破産民間投資利子率クラウディングアウトクラウディング・アウト効果(crowding-out)社債発行費流動性のわな流動性選好理論

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラウディング・アウトの関連情報