コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラシンスキ クラシンスキ Krasiński, Zygmunt

3件 の用語解説(クラシンスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラシンスキ
クラシンスキ
Krasiński, Zygmunt

[生]1812.2.19. パリ
[没]1859.2.23. パリ
ポーランドの詩人。 A.ミツケーウィチ,J.スウォワツキとともにポーランド・ロマン主義文学を代表する三大国民詩人の一人。ナポレオン軍に参加した将軍を父とし,ワルシャワで法律を学び,後半生はフランスを中心に活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クラシンスキ【Zygmunt Krasiński】

1812‐59
ポーランド・ロマン主義の作家。貴族の出身。17歳以後ほぼ一生を国外ですごす。代表作の戯曲《非神曲》(1835)では形而上形而下の混然とした独特な世界の中に革命によって滅亡する伝統世界の悲劇を描く。ヘーゲル哲学,また当時の神秘思想や宗教的歴史解釈の影響が強くみられる。後半期にはポーランド・メシア思想の擁護者となった。ほかに《イリディオン》(1836),《夜明け前》(1843)などがある。【関口 時正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラシンスキ
くらしんすき
Zygmunt Krasiski
(1812―1859)

ポーランドの小説家、詩人。ミツキェビッチスウォワツキとともに同国のロマン派を代表する。1829年以来、国外に住む。戯曲『非神曲』(1835)、劇詩『イリディオン』(1836)、詩『夜明け前』(1843)がその代表作で、貴族・上流階級と民衆との階級闘争を作品化した最初の作家といわれる。晩年は保守的傾向を鮮明にして貴族階級を擁護した。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラシンスキの関連キーワードポーランド回廊ロマンチシズムロマンチストフッフロマン派ルソーとロマン主義ビスピャンスキブロニエフスキドイツ・ロマン主義ロマン主義的個人主義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラシンスキの関連情報