コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラベス claves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラベス
claves

ラテン音楽に用いられる打楽器。長さ約 20cmの1対の丸い木の棒で,両手に持ってたたき合せる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クラベス(〈スペイン〉claves)

拍子木状の2本の硬い材質の棒を打ち合わせ、乾いた響きを出す打楽器。もともとラテン音楽の楽器。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クラベス

キューバ音楽に使われる相互打奏体鳴楽器。20cmくらいの堅い木の棒で,1本を左の手のひらを丸くくぼませた上に載せるように保ち,右手に持ったもう1本を打ちつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラベス【claves[スペイン]】

キューバ音楽に使われる拍子木。1個なら〈クラーベ〉だが必ず2個いっしょに使われるので複数形になる。20cmくらいの堅い木の棒で,1本を左手に,手のひらを丸くくぼませた上に載せるような形で保ち,右手に持ったもう1本を打ちつける。キューバ音楽では最も基本となる2小節単位のリズム型をこの楽器で打つ。そのリズム型も〈クラーベ〉と呼ぶ。【中村 とうよう】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラベス
くらべす
clavesスペイン語

キューバ起源の相互打奏体鳴楽器。拍子木の一種。長さ20~25センチメートル、直径約3センチメートルの2本の堅い円筒形の木の棒からなる。ラテンアメリカの舞踏リズム、とくにルンバにおいて、クラベスの一定のリズム音型が反復的に用いられる。鋭く澄んだ音を得るために、1本を右手の指で軽く持ち、左の手のひらを椀(わん)型に丸めた上にもう1本を置き、軽くたたく。元来ラテンアメリカの舞踏伴奏用楽器であるが、バレーズの打楽器群とサイレンによる室内楽曲『イオニザシオン』、コープランドのバレエ曲『アパラチアの春』など、近代音楽にも取り入れられている。[山田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラベスの関連キーワードクラベス[claves]クラーベ[clave]エリオット フェルドボレロ(舞踊)サルサ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラベスの関連情報