コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クランク機構 クランクきこう

3件 の用語解説(クランク機構の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

クランクきこう【クランク機構】

往復運動を回転運動に、また回転運動を往復運動に変換するもの。内燃機関などの往復ピストン機械の基本的メカニズム。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クランクきこう【クランク機構 crank chain】

往復運動を回転運動に,あるいは回転運動を往復運動に変換するのに用いられるリンク装置。図1のような,4本の棒(リンクあるいは節と呼ばれる)を結合した装置を四節回転機構というが,リンクaを固定して,リンクbを回転させるとcおよびdは往復運動をする。このとき固定点(B)のまわりに360度回転するbをクランク,固定点(A)を中心として往復運動をするdをてこといい,このような機構をてこクランク機構と呼ぶ。図2ではa,c両リンクとも固定点のまわりに360度回転するので二重クランク機構と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クランク機構
くらんくきこう

四節回転機構で最短リンクの隣のリンクを固定し、最短リンクに対するリンクを取り去り、固定リンクに対するリンクの一端を固定リンク上を滑るようにしたリンク装置。回転する最短リンクはクランクで、その円運動をする部分に連結されている連接棒の他端が固定リンク上を往復運動する。蒸気機関内燃機関などで、ピストンの往復運動をクランクにより回転運動に変える場合に使用されるのでピストンクランク機構ともいう。往復運動を回転運動に変える場合だけでなく、回転運動を往復運動に変える場合にも使われる、クランクの回転によりシリンダー内の空気をピストンの往復運動で圧縮する圧縮機などがその例である。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone