コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスマス・オラトリオ

デジタル大辞泉プラスの解説

クリスマス・オラトリオ

ドイツの作曲家J・S・バッハのオラトリオ(1734)。原題《Weihnachtsoratorium》。全6部で構成され、クリスマスから公現節(1月6日)までの祭日において、一部ずつ演奏される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリスマス・オラトリオ
くりすますおらとりお
Weihnachts-Oratorium

ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲のオラトリオ(BWV248)。『新約聖書』「マタイ伝」第2章と「ルカ伝」第2章の一部、および他の宗教詩(作詞者不明)を歌詞としている。ただし全体に一貫した筋書きはなく、音楽としての統一性にも欠けるため、むしろクリスマスから新年にかけて各祝日に用いる6曲からなる「連作カンタータ」とみなすべきであろう。トランペットやティンパニを加えた祝祭的な編成で、世俗カンタータから転用された部分も多く、全体に明るく華やかな印象を与える名曲である。初演は1734~35年ライプツィヒ。なお、ハインリヒ・シュッツにも『クリスマス・オラトリオ』と訳されている作品“Historia von der Geburt Jesu Christi”(1664)がある。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クリスマス・オラトリオの関連キーワードJ・S・バッハ(年譜)フリッツ レーマンクリスマス音楽パストラル