クリッパートン島(読み)クリッパートンとう(英語表記)Clipperton Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリッパートン島
クリッパートンとう
Clipperton Island

メキシコ南西岸から約 2090km南西の東太平洋にある小島。フランス海外領。環礁からなる無人島で,面積は 5km2に満たない。全体に低平で,低木疎林野生タバコココヤシの林などが見られ,野生のブタや野鳥が生息する。18世紀初めこの島を根拠地としたイギリスの海賊ジョン・クリッパートンにちなんで命名された。1856年グアノ条令によりアメリカ合衆国領とされたが,フランスが領有を主張,さらに 1897年にメキシコが占領。1930年イタリアの調停によりフランス領となった。2007年までフランス領ポリネシア,以後はフランス政府が直接管理する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クリッパートン‐とう〔‐タウ〕【クリッパートン島】

Île Clipperton》太平洋、メキシコ沖にある無人島。直径3~4キロメートルの環礁。名称は同島に上陸した海賊の名に由来する。20世紀にフランスとスペインの間で領有権が争われたが、フランス領と認定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android