コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルヌール Kurnool

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルヌール
Kurnool

インド南東部,アンドラプラデーシュ州南西部の都市。ハイデラバード南南西約 175km,クリシュナ川支流のトゥンガバドラ川とヒンドリ川の合流点に位置。 18世紀には小藩王国の首都で,1838年イギリス支配下となった。独立後,1956年の州再編に伴うハイデラバードへの州都移転まで,アンドラプラデーシュの州都であった。商業中心地で,付近で産する綿花搾油用種子,タバコの加工が盛ん。特に搾油工場が多い。アンドラ大学の科学,医学のカレッジがある。人口 23万 6313 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クルヌール(Kurnool)

インド南東部、アンドラプラデシュ州の都市。デカン高原を流れるクリシュナ川の支流ツンガバドラ川とヒンドリ川の合流点に位置する。ビジャヤナガル王国ムガル帝国の支配ののち、クルヌール藩王国の都になった。周辺では落花生、米、綿花を産し、油脂などの食品加工業や綿工業が盛ん。カルヌール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クルヌール【Kurnool】

インド中部,アーンドラ・プラデーシュ州南西部の都市。人口23万7000(1991)。標高300m前後のデカン高原上にあり,トゥンガバドラー川に面する。18~19世紀にムガル帝国の南インドにおける根拠地として栄えた。独立後1953‐56年の旧アーンドラ州時代には州都となった。付近はラッカセイの産地でそれを原料とする製油工場が多く,そのほか米,綿花,木材を集散する。1949年に近くに多目的ダムが完成し綿工業が立地する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルヌール
くるぬーる
Kurnool

インド南東部、アンドラ・プラデシュ州にある都市。人口26万7739、周辺部を含む人口32万0619(2001)。クリシュナ川の支流ツンガバドラ川の下流にある古い町で、ビジャヤナガル王国時代の城塞(じょうさい)も残る。1956年以前には旧アンドラ州の州都でもあった。周辺には農業地帯が広がり、綿、菜種、タバコ、ラッカセイの取引および加工業の中心地となっている。灌漑(かんがい)事業の進展とともにこの町の重要性が増しつつある。[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クルヌールの関連キーワードアードニ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android