コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルマユリ

百科事典マイペディアの解説

クルマユリ

北海道,本州中北部の亜高山の草原や深山の林内にはえ,千島,カムチャツカにも分布するユリ科の多年草。茎は鱗茎から出,高さ30〜70cm,中ほどに披針形の葉を1〜3段輪生する。
→関連項目ユリ(百合)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルマユリ
くるまゆり / 車百合
[学]Lilium medeoloides A. Gray

ユリ科の球根草。花は橙黄(とうこう)色で、小さく、径4~5センチメートル。葉は輪生する。鱗片(りんぺん)は米粒状。中部地方以北の本州、北海道の山地帯から高山帯の草生に生え、樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島、中国にも分布する。[坂本忠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクルマユリの言及

【ユリ(百合)】より

…オニユリと同様,日本全土に分布,朝鮮にもある。またクルマユリL.medeoloides A.Gray(英名wheel lily)(イラスト)もユリ属のものである。なお,クロユリウバユリはユリの名がついてはいるが,別属の植物である。…

※「クルマユリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クルマユリの関連情報