コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレオソート油 クレオソートゆ creosote oil

翻訳|creosote oil

5件 の用語解説(クレオソート油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレオソート油
クレオソートゆ
creosote oil

コールタールの低温乾留で得られる中油以上の留分の混合物。アントラセンナフタリンクレゾール,高級フェノール類,ナフトール類などを含む。各種芳香族化合物の分離,木材防腐剤,塗料などに用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クレオソート油【クレオソートゆ】

コールタールを蒸留して得られる沸点約200〜300℃の成分からなる液体。ナフタリン,クレゾール,高級フェノール類などを含み,木材などの防腐剤として使用される。
→関連項目コールタール重油

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クレオソートゆ【クレオソート油 creosote oil】

石炭乾留の生産物であるコールタールを蒸留して得られる中油,重油,アントラセン油などから,それぞれナフタレン,アントラセン,カルバゾール,フェノール,クレゾールなどの有用成分を分離した残油分を適宜に配合したもの。コールタールに対する収率はおよそ25%で,おもな用途は木材用防腐剤,塗料,漁網染料などである。【冨永 博夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クレオソートゆ【クレオソート油】

コールタールを蒸留して得られる摂氏240~300度付近の留分。ナフタレン・アントラセン・クレゾール・高級フェノール類・ナフトール類の混合物。木材の防腐剤・塗料などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレオソート油
くれおそーとゆ
creosote oil

コールタール留分の一種。コールタールを蒸留すると得られる中油以上の留分の混合物。中油、重油、アントラセン油などの各留分から、ナフタレン、アントラセンなどを分離・回収した残油分を適宜配合し一定規格(JIS K 2439)のものとした製品。沸点は200℃以上、比重は1.0以上(20℃)である。木材防腐剤、塗料などとして用いられる。[田上 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレオソート油の関連キーワードカテコールコークス炉コールタール石炭乾留低温乾留中油コールタール染料アントラセン油蒸留酢食用タール色素

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クレオソート油の関連情報