コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレランボー Clérambault, Louis Nicholas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレランボー
Clérambault, Louis Nicholas

[生]1676.12.19. パリ
[没]1749.10.26. パリ
フランスのオルガニスト,作曲家。 A.レゾンの弟子。パリのサン・シュルピス聖堂その他のオルガニストをつとめた。チェンバロ曲,オルガン曲のほか,フランスのバロック時代の最もすぐれたカンタータの作曲家として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレランボー【Gaëtan Gatian de Clérambault】

1872‐1934
フランスの精神医学者。パリの南方ブールジュに生まれる。法律学,ついで医学を学び精神科医となったが,若いころから芸術全般に関心をもち,民族学の造詣も深かった。パリ警視庁特別医務局に在職当時(1920‐33),同所でなされた講義と鋭い臨床観察に基づいた精神病理学説,とりわけ〈精神自動症automatisme mental〉の概念によって名声を博した。彼は慢性幻覚精神病の症状分析から,その基本にあって自発的,機械的に生ずる現象を精神自動症と名づけ,各種の幻覚,考想化声,先行思考,作為体験などを説明したが,とりわけ幻覚や妄想に先行する感情的色調を欠いた中性的性格の小自動症を重視した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレランボー
くれらんぼー
Louis-Nicolas Clrambault
(1676―1749)

フランスの作曲家、オルガン奏者。パリの音楽家の家系に生まれ、パリのジャコバン派聖堂、サン・シュルピス教会のオルガン奏者を歴任した。1701年、作品出版許可を得、オルガン曲、ハープシコード曲、世俗カンタータなどを次々に出版した。オルガン曲は、教会音楽家でありながらミサでの使用を考えず、組曲の形式を採用している。彼がもっとも力を注いだのは、洗練された旋律美と生気あるリズムをもった世俗カンタータで、そのなかには『オルフェ』『メデ』など、18世紀フランスにおけるこの分野の代表作が含まれている。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクレランボーの言及

【精神自動症】より

…フランス精神医学で用いられる概念で,クレランボー症候群ともいう。G.G.deクレランボーは精神分裂病の思考奪取,思考吹入,させられ体験,妄想気分,幻聴などに相当する症状を,意識や意志と無関係に精神活動が起きる現象として精神自動症とした。…

※「クレランボー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレランボーの関連キーワードロラン(Romain Rolland)12月19日被愛妄想恋愛妄想

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android