コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロウスゴ

2件 の用語解説(クロウスゴの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クロウスゴ

クロマメノキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロウスゴ
くろうすご / 黒臼子
[学]Vaccinium ovalifolium J. E. Smith

ツツジ科の落葉低木。高さ0.5~1メートル。若枝は無毛で稜角(りょうかく)がある。葉は互生し、楕円(だえん)形、長さ2~4センチメートルで、毛がなく、質はやや薄く、裏面は淡緑白色。6、7月、開葉と同時に新枝の最下の葉腋(ようえき)に、淡緑白色ですこし紅色のさした花が開く。花冠は壺(つぼ)形、長さ5ミリメートルで、先が浅く5裂して反り返る。中部地方以北の本州、北海道の亜高山帯の適潤地に生え、樺太(からふと)(サハリン)、ウスリー、北アメリカにも分布する。果実は球形、径約1センチメートルで先に萼(がく)の跡があり、紫黒色に熟して表面には白い粉を帯びる。酸味と甘味があり美味なので生食し、北海道、樺太(サハリン)などの北地ではフレップとよんでジャム、ゼリーなどにする。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone