コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロゴキブリ クロゴキブリPeriplaneta fuliginosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロゴキブリ
Periplaneta fuliginosa

ゴキブリ目ゴキブリ科。体長 25~30mm。全体に黒褐色で光沢がある。触角は体より長い。翅は大きく,飛ぶことができる。雌は多数の卵をハンドバッグ状の卵鞘に納めて産む。関東地方以南奄美大島まで,また台湾,中国にもみられる。家屋内の典型的不快害虫である。原産地は中国南部とされる。近縁のヤマトゴキブリ P. japonicaは本種に似るがやや小型で細く,前翅は雄では長く腹端を越えるが,雌では短く,腹部中央をわずかに越えるのみである。本州に産し,家屋外にすむ。 (→ゴキブリ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

クロゴキブリ

 [Periplaneta fuliginosa].ゴキブリ目ゴキブリ亜目ワモンゴキブリ属に属する.日本の家庭で広くみられるゴキブリの一種.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロゴキブリ【Periplaneta fuliginosa】

ゴキブリ目ゴキブリ科の昆虫(イラスト)。雄雌とも全体に光沢ある漆黒褐色の有翅のゴキブリ。大型で雄は体長25mm内外,雌は25~30mm。日本の暖地の家屋内害虫としてもっともふつうに分布する。住宅に多くビルや飲食店などにはきわめて少ない。東京では5~9月の間,平均気温が20℃以上になると活動する。日本土着のヤマトゴキブリとは異なり,寒冷地を好まず,主として太平洋岸の東京付近より奄美大島にかけて分布するが,近年は人為移動によって北海道にも入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロゴキブリ
くろごきぶり / 黒蜚
[学]Periplaneta fuliginosa

昆虫綱ゴキブリ目ゴキブリ科に属する昆虫。濃い栗(くり)色の大形のゴキブリ。日本の暖地の代表的な家屋内害虫として著名で、食品を食べるため台所に多く、不快昆虫として嫌われる。体長は雄25ミリメートル内外、雌25~30ミリメートル。体全体が油を塗ったようにつやつやしている。本州南岸(東京地方以西)から台湾にまで分布し、中国にもいる。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クロゴキブリの関連情報