コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロゴケ Andreaea rupestris Hedw.

2件 の用語解説(クロゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クロゴケ【Andreaea rupestris Hedw.】

クロゴケ科の代表的な高山蘚類(イラスト)。世界中の寒冷地に広く分布し,日本でもとくに高山帯に多く,裸岩上に密な群落をつくる。植物体は黒褐色,茎は直立し,高さ1~2cm。葉は狭卵形で中央脈を欠く。蒴柄(さくへい)はごく短いが,胞子体をつけた茎の先端部が細長く伸びて蒴柄状となる(この部分を偽柄という)。蒴は卵状楕円形で,蓋(ふた)も蒴歯もなく,中央部が縦に4裂して,その裂け目から胞子を放出する。ガッサンクロゴケ(別名ユキミクロゴケ)A.nivalis Hook.は北半球高緯度地域に分布し,日本では中部地方以北の高山の湿岩上に産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロゴケ
くろごけ

クロゴケ類は、コケ植物蘚類(せんるい)綱の一群で1科2属十数種がある。高山ないし寒地の花崗岩(かこうがん)質の岩上に塊になって生える。胞子体は茎の先につき、茎の先が伸長して胞子体の柄のようにみえる偽足の先に(さく)がつく。には歯も蓋(ふた)もなく、熟すと縦に4裂し、行灯(あんどん)形になる。胞子は発芽して数細胞からなる塊状の原糸体をつくる。日本には1科1属4種がある。
 クロゴケAndreaea rupestris var. fauriei (Besch.) Takakiは黒赤色をして高さ1~2センチメートル、葉が密につき、わずかに枝分れをする。葉は卵状長楕円(ちょうだえん)形、中央脈はない。分布は北海道から九州にかけ、高山の日当りのよい花崗岩などの上に黒褐色の塊となって生える。ガッサンクロゴケの葉は中央脈をもつ。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone