コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスランド クロスランド Crosland, Charles Anthony Raven

3件 の用語解説(クロスランドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロスランド
クロスランド
Crosland, Charles Anthony Raven

[生]1918.8.29. ロンドン
[没]1977.2.19. オックスフォード
イギリスの政治家。労働党右派の理論家で,H.ゲイツケル党首の友人兼アドバイザーオックスフォード大学卒業。第2次世界大戦には在学中に従軍。 45年復学,大学院に進み,50年まで経済学特別研究員,講師。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クロスランド【Charles Anthony Raven Crosland】

1918‐74
イギリス労働党の理論家。オックスフォード大学を卒業後,第1次大戦中はフランス戦線などに参加。1947年から50年までオックスフォードのトリニティ・カレッジで経済学を講義する。50年に党首ゲーツケルの懇望により政界入りし労働党から立候補して当選,55年には落選したが59年にはふたたび当選し,労働党右派の指導者として活躍した。多数の論文を《エンカウンターEncounter》誌に発表しているほか,主著に《イギリスの経済問題Britain’s Economic Problem》(1953),《The Future of Socialism》(1956)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロスランド
くろすらんど
Anthony Raven Crosland
(1918―1977)

イギリスの政治家。オックスフォード大学を卒業後、同大学の経済学講師を経て、1950年に労働党下院議員となる。1960年代にウィルソン内閣の教育科学相、商務相、地方自治地域計画相を歴任、1970年代には環境相、キャラハン内閣の外相を務めた。著書『社会主義の将来』(1956)は、国有化政策批判などを展開したもので、労働党右派に理論的基盤を提供した。[木畑洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロスランドの関連キーワード牛津オックスフォード学派ラスキオックスフォードシューズオックスブリッジオックスフォード街オックスフォードグレーオックスフォードストリートオックスフォード運河の殺人オックスフォードミステリー ルイス警部

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロスランドの関連情報