コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロルテトラサイクリン chlortetracycline

百科事典マイペディアの解説

クロルテトラサイクリン

抗生物質放線菌の一種が産出。開発当初は,発疹チフス,トラコーマ,オウム病,腹膜炎,尿路感染症,腸チフスなどのほか,アメーバ赤痢,再帰熱にも有効とされ,注射薬,カプセル,トローチ,軟膏などとして用いた。
→関連項目オーレオマイシン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

クロルテトラサイクリン

 オーレオマイシンともいう.抗生物質.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

クロルテトラサイクリン【chlortetracycline】

放線菌の一種の培養液から抽出された抗生物質。ブドウ球菌感染症やアメーバ・スピロヘータ・リケッチアによる疾患に広く有効。商標名はオーレオマイシン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロルテトラサイクリン

テトラサイクリン系抗生物質」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクロルテトラサイクリンの言及

【抗生物質】より

…39年からの20年間は抗生物質の黄金時代であり,つぎつぎと新物質が発見された。ストレプトマイシン(1944)に続いて,細菌ばかりでなくリケッチアと大型ウイルスにも作用するクロラムフェニコール(1945),クロルテトラサイクリン(1948),オキシテトラサイクリン(1950)が発見された。これらは広範囲スペクトル抗生物質であり,適応症が著しく拡大されたばかりでなく,経口投与可能のものもあり,抗生物質療法は急速に普及した。…

※「クロルテトラサイクリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロルテトラサイクリンの関連キーワードナトリウムと代謝異常テトラサイクリン培養液

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android