コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワクサ Fatoua villosa (Thunb.) Nakai

世界大百科事典 第2版の解説

クワクサ【Fatoua villosa (Thunb.) Nakai】

畑や道ばたに普通なクワ科一年生雑草(イラスト)。茎は高さ30~80cm,直立して枝を出す。葉は互生し,長い柄があり,卵形,質はうすく両面に毛がありざらつく。縁には粗い鋸歯がある。9~10月ころ,葉腋(ようえき)に花序を出し,雄花雌花は混在する。雄花は4枚の花被に対生しておしべがあり,花糸ははじめ内曲するが急に開いて花粉を飛ばす。雌花は花被が4裂しめしべが1本。果実は透明な多汁質の外果皮と堅い内果皮の2層からなり,外果皮の膨圧によって内部は挟みつけられて,はじきとばされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワクサ
くわくさ / 桑草
[学]Fatoua villosa Nakai

クワ科の一年草。茎は直立し高さ30~80センチメートルで、葉とともに細毛がある。葉は互生し、1~6センチメートルの葉柄があり、葉身は長さ3~10センチメートルで質は薄く両面がざらつき、粗い毛を散生する。9~10月、集散花序を腋生(えきせい)し小花は淡緑色。雌雄同株。雄花の花被(かひ)は4裂、雄しべ4本、花糸はつぼみのときに内曲する。雌花は雄花に混生し花被は4裂。果実は径約1ミリメートルの扁平(へんぺい)な三稜(さんりょう)円形である。本州から沖縄の畑や荒れ地に生え、朝鮮半島、中国にも分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android