コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワクサ Fatoua villosa (Thunb.) Nakai

2件 の用語解説(クワクサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クワクサ【Fatoua villosa (Thunb.) Nakai】

畑や道ばたに普通なクワ科の一年生雑草イラスト)。茎は高さ30~80cm,直立して枝を出す。葉は互生し,長い柄があり,卵形,質はうすく両面に毛がありざらつく。縁には粗い鋸歯がある。9~10月ころ,葉腋(ようえき)に花序を出し,雄花と雌花は混在する。雄花は4枚の花被に対生しておしべがあり,花糸ははじめ内曲するが急に開いて花粉を飛ばす。雌花は花被が4裂しめしべが1本。果実は透明な多汁質の外果皮と堅い内果皮の2層からなり,外果皮の膨圧によって内部は挟みつけられて,はじきとばされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワクサ
くわくさ / 桑草
[学]Fatoua villosa Nakai

クワ科の一年草。茎は直立し高さ30~80センチメートルで、葉とともに細毛がある。葉は互生し、1~6センチメートルの葉柄があり、葉身は長さ3~10センチメートルで質は薄く両面がざらつき、粗い毛を散生する。9~10月、集散花序を腋生(えきせい)し小花は淡緑色。雌雄同株。雄花の花被(かひ)は4裂、雄しべ4本、花糸はつぼみのときに内曲する。雌花は雄花に混生し花被は4裂。果実は径約1ミリメートルの扁平(へんぺい)な三稜(さんりょう)円形である。本州から沖縄の畑や荒れ地に生え、朝鮮半島、中国にも分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クワクサの関連キーワード辻堂石見川犬酸漿桑草野鶏頭ばた屋道芝錦草アサの実シロウリ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クワクサの関連情報