コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グッピー グッピー Poecilia reticulata; guppy

6件 の用語解説(グッピーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グッピー
グッピー
Poecilia reticulata; guppy

カダヤシ目カダヤシ科の熱帯魚。観賞用として広く飼育されている(→観賞魚)。体長 5cm内外。人工的に改良され,色彩,鰭の形状などを異にするさまざまな品種がつくりだされた。一般に雌のほうが大きく,雄は小さいが美しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グッピー(guppy)

カダヤシ目カダヤシ科の卵胎性の淡水魚。雄は全長3センチほど、雌はそれより大きく6センチほどになる。一般に雄は雌よりも色彩・模様や、尾びれなどの形が美しく変化に富む。南アメリカ北部の原産。観賞用として品種改良が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グッピー

カダヤシ科の淡水魚。いわゆる熱帯魚中最も一般的なものの一つ。雄は全長3cm,雌は6cm。雄のしりびれは変形して交尾器となっている。また色彩やひれの形が著しく変化に富み,多くの品種が作り出されている。
→関連項目カダヤシ熱帯魚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グッピー【guppy】

メダカ目カダヤシ科の淡水魚。グッピーの名は命名者の一人グッピーLechmere Guppyに由来する。中央アメリカから南アメリカ北部,カリブ海の島などを原産地とする。メダカにやや似ており,観賞用熱帯魚としてはもっともポピュラーである。体長は雄(イラスト)で3cm,雌(イラスト)ではその倍になる。体色とひれの形がことに雄において変異に富み,美しい姿といろどりをもつ多くの品種がつくられている。卵胎生で,雄はしりびれが変形してできた交尾器を備え,これで雌の輸卵管内に精子を送り込む

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グッピー【guppy】

メダカ目の熱帯淡水魚。全長は、雌は6センチメートルに達するが、雄は3センチメートル 前後。体形はメダカに似る。体色は、雌は淡褐色、雄は飼育下で色彩・斑紋・ひれが変化に富み、さまざまな品種がつくられている。卵胎生。観賞用。中央アメリカ・南アメリカ北部原産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グッピー
ぐっぴー
guppy
[学]Poecila reticulata

硬骨魚綱トウゴロウイワシ目グッピー科の熱帯淡水魚。南アメリカ北部のベネズエラ、ギアナ、ブラジル北部、トリニダード島バルバドス島に分布し、河川にすむ。日本には観賞用として移入され、飼いやすいので広く普及している。また、温泉地の川や琉球(りゅうきゅう)諸島などで野生化している。雌は体長6センチメートルになるが、雄は3センチメートルにしかならない。体は細長くメダカに似る。雌は体が淡褐色で尾も短いが、雄は体色も変異に富み、尾も大きく形や色彩もさまざまであるので、美しい品種が多くつくられている。また、繁殖力が強く、水草を繁茂させた水槽中に雌雄を入れておくと、特別に管理しなくても交尾が行われて仔魚(しぎょ)の数が増えてくる。
 飼育の適水温は22~24℃で、低温に弱く17~18℃になると活動できない。卵胎生なので親魚に似た姿で産まれる。雄の臀(しり)びれは変形して交接脚(きゃく)(ゴノポディウムgonopodium)となり、雌の体内に精子を送り込み体内受精を行う。精子は雌の体内に長期間蓄えられ、1回の交尾で数回受精させることができる。普通1か月に1回の割合で産出される。産仔(さんし)数は雌の大きさによって異なり、最大は150尾以上。生まれたての稚魚は他魚や親魚に食べられてしまうおそれがあるので、孵化(ふか)用の水槽や、サラン網などで隔離する。稚魚の産出は早朝に行われるので、水槽が1個しかない場合でも、毎朝、表面に集まった生まれたばかりの稚魚をすくって、水槽中に浮かせた孵化器(市販のもの)の中に移せばよい。生後数日から10日もたてば、親魚に食べられなくなるので、いっしょにしてもよい。餌(えさ)は人工固形餌料(じりょう)、ブラインシュリンプ(節足動物のアルテミア)やイトミミズなどである。[中坊徹次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグッピーの言及

【熱帯魚】より

…初心者でも飼育繁殖が容易であり,品種改良も盛んに行われているので,よく普及しているグループである。(a)グッピーguppy∥Poecilia reticulata 南アメリカ北東部原産。体長は雄(イラスト)3cm,雌(イラスト)6cm。…

【熱帯魚】より

…海水魚の繁殖はスズメダイ類の一部の種類について専門家による実績がある程度で,容易ではない。 グッピー,ソードテール,プラティなどの卵胎生魚は,孵化(ふか)してから産み出されるので,ふつうに飼育をしていても繁殖する。しかし,親も含めて成魚は稚魚を食べるので,それを防ぐのには水草を水面まで繁茂させて,稚魚の隠れ場をつくってやるとかなり効果がある。…

※「グッピー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グッピーの関連キーワードカダヤシカマキリ蚊絶やしタップミノーテラピアエソックスジャングルグッピー グッピーの主食テトラ グッピープレミアグッピーの主食メダカ(目高)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グッピーの関連情報