コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グディニャ Gdynia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グディニャ
Gdynia

ポーランド北部,ポモルスキェ県の港湾都市。ドイツ語ではグディンガン Gdingen。バルト海グダニスク湾に面し,グダニスクの北西に位置する。 13世紀にはすでに史料に名がみられるが,20世紀初めまでは小漁村にすぎなかった。 1922年に港の建設が開始され急速に発展。巨大な冷凍倉庫,食用油製造工場,造船所,鉄道引き込み線などをもつ大港湾都市となった。第2次世界大戦中ドイツの海軍基地として利用され,大部分の港湾設備が破壊されたが,戦後の復興は著しく,グダニスクソポトとともに「3都市」 Trójmiastoとして統一された港湾行政下に置かれ,ポーランドの海軍基地ともなっている。港の大きさはシュチェチンに次いでポーランド第2位。おもに石炭,木材,砂糖を輸出,鉄鉱石,食料品を輸入。海軍学校,海洋漁業研究所,博物館,劇場などがある。人口 25万 3458 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グディニャ

ポーランド北部,バルト海のグダンスク湾岸の港湾都市。グダンスク北西方15kmにあり,軍港を兼ねる。造船・機械・食品工業などが行われ,商船学校,漁業・海洋生物研究所がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グディニャ【Gdynia】

ポーランド北部,バルト海に面する港湾都市。人口25万1400(1995)。グダンスクの北15kmにあり,中間のソポトと3市の市街地がベルト状に連なっている。1920年までは人口1300人の小さな漁村にすぎなかったが,ポーランドがドイツ支配下のダンチヒ(現,グダンスク)に対抗するため建設した新しい都市で,海洋関係研究機関,海軍基地をもち,ポーランド有数の港湾に発展した。造船・機械・食品工業がある。【山本 茂】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グディニャの関連キーワードシュレスヴィヒ・ホルシュタインアンナ ロゴフスカイノウロツワフグダニスク暴動ポモージェチェフ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android