コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グライドパス(判定法) glide path 

1件 の用語解説(グライドパス(判定法)の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

グライドパス(判定法)

静止法ともいう。最良滑空速度を見つけたり、ランディングパイロンなど目標地点に到達できるかどうか?を探る為の実践的方法である。飛行している状態で前方の視界を観察する。視界から上側に移動している地点は到達できない所であり逆に下側に移動する所は通過可能な(上空を通過する)所である。上にも下にも移動しない、つまり止まって見えるポイントがその条件下で到達する場所となる。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グライドパス(判定法)の関連キーワード検出反応速度論速度記号しつけた餅静止視力液体燻製法最良滑空速度最良滑空比静止法ポーラーカーブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone