コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラスマン グラスマン Grassmann, Hermann Günther

4件 の用語解説(グラスマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラスマン
グラスマン
Grassmann, Hermann Günther

[生]1809.4.15. シュテッティン
[没]1877.9.26. シュテッティン
ドイツの数学者,言語学者。 1832年にシュテッティンのギムナジウムの教師となり,34年から 36年までベルリンの産業学校で教えたが,再びシュテッティンに帰り生涯同職にあった。数学者としては,現在グラスマン代数として知られているベクトルテンソル計算の基礎を築いた業績で知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

グラスマン【Hermann Günther Grassmann】

1809‐77
ドイツの数学者,言語学者。オーデル河口近くの町シュテッティンで生まれ育った。父親が数学と物理を教えていたシュテッティンのギムナジウムで学び,その後ベルリンで神学を学んだ。1834年にベルリンの学校の数学の教師になり,36年にシュテッティンに帰り,ギムナジウムの数学,科学,宗教の教師になった。研究業績は数学,物理にわたり,数学についても代数,幾何,解析にわたる幅広いものであるが,もっとも重要なのは線形代数学の創設といえよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グラスマン【Hermann Günther Grassmann】

1809~1877) ドイツの数学者・言語学者。線形代数学を創始。サンスクリットの研究でも知られる。著「広延論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラスマン
ぐらすまん
Hermann Gnther Grassmann
(1809―1877)

ドイツの数学者、言語学者。シュテッティン(現、ポーランドシュチェチン)に生まれ、同地のギムナジウムの教師であった。もっとも著名な業績は大著『広延論』Ausdehnungslehreである。この書物は1844年に出版され、1862年にその改訂版が出たが、内容が当時の数学からあまりにもかけ離れ、記述も難解であったため、長い間無視されていた。グラスマンの業績が受け入れられるようになったのは、19世紀も終わりに近づいてからである。言語学では、インド・ヨーロッパ祖語の帯気音に関する「グラスマンの法則」を発見したほか、とくにインドの古典『リグ・ベーダ』Rigvedaに関するサンスクリット(梵語(ぼんご))の辞書は有名である。[茂木 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグラスマンの言及

【幾何学】より

…同様に,空間の点は3個の実数の組で表され,座標が(x1,x2,x3),(y1,y2,y3)である2点間の距離はで与えられる。これを解析的に一般化しn個の実数の組(x1,x2,……,xn)を点として,2点(x1,x2,……,xn),(y1,y2,……,yn)の間の距離がで与えられるn次元ユークリッド空間が,19世紀中期よりH.G.グラスマンらによって考えられるようになった。これにともなって,平面幾何学や立体幾何学がn次元ユークリッド幾何学に解析的に一般化され,また,射影幾何学や非ユークリッド幾何学もn次元の場合へ一般化された。…

【線形代数学】より

…また,このころ,線形微分方程式の解の線形性が意識されるようになり,それに関連して一次独立という概念が意識された。このようないろいろな具体的対象から出発して,多くの人々,とくにA.ケーリーとH.G.グラスマンによって,高次元の場合を含めて明確化され,かつ抽象化された線形代数学が成長したのであり,これは19世紀中ごろのことである。ケーリーが座標に基礎を置いて扱ったのに対し,グラスマンは座標にこだわらずに理論構成をして,発展に大きく寄与した点に大きな特徴がある。…

※「グラスマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グラスマンの関連キーワードオーデル川グリムザイデルシュワルツ数理言語学ブルークマンブルームフィールドフレーゲオーデルナイセ線デーデキント

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラスマンの関連情報