コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラールス Glarus

2件 の用語解説(グラールスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グラールス【Glarus】

スイス連邦を構成する7番目のカントン(州)。面積685km2,人口3万9000(1996)。州都も同名(人口5700,1992)。1352年にスイス連邦に加わるが,事実上ハプスブルク家の支配を受け続けていた。88年のネーフェルスNäfelsの戦に勝利してハプスブルク家から自立した。その前年開催されたランツゲマインデ(直接民主制住民集会)は,今日まで維持され,毎年5月第1日曜日に開催されている。主要交通幹線から離れた地にあり,経済的には衰退する傾向にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラールス
ぐらーるす
Glarus

スイス中東部にある山岳州の一つ。面積685平方キロメートル、人口3万8300(2001)。グラナー・アルプスの北斜面を占め、リント川が流れる。1352年にスイス連邦に加盟し、現在も毎年5月の第1日曜日に、古来の直接民主制による野外州民議会(ランツゲマインデLandsgemeinde)が州都グラールスで開催される。北部アルプスの純粋な家畜飼養地域に属するが、第一次、第二次、第三次産業人口はそれぞれ、9%、69%、22%である。第二次産業の人口比率はスイス全州中最大で、18世紀以降工業化のもっとも進んだ州となった。水力電気が豊富なことにより、19世紀には綿の家内工業から機械化工業へと転換して隆盛を迎えた。工業が農村に普及して酪農が集約化し、かつて普及していた夏季の家畜の高山放牧地(アルプ)への追い上げは廃れている。水力発電と観光業は自然条件にあった重要な経済活動である。住民はドイツ語圏に属し、その3分の2がプロテスタント
 州都グラールスはリント川中流左岸に位置し、人口5634(2001)。1861年5月フェーン現象による大火で町の半分が焼失したが、計画的な町造りにより、広い道路とその前面に石造家屋を配置することで、将来の防火に備えている。19世紀以降は繊維工業の一中心地。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラールスの関連キーワードアブダビシャルジャフジャイララスアルハイマロシア連邦アジュマンウンムアルカイワインКарелия細胞骨格タンパク質連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone