グリュイエール(英語表記)La Gruyère

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリュイエール
La Gruyère

スイス西部,フリブール州南部の郡。主要な町はビュル,ブロック,グリュイエールなど。住民のほぼ全員がカトリックで,フランス語を話す。グリュイエールの町を中心に,同名のチーズの産地として知られる。ほかに家具,レースなどを生産。 13世紀に建てられたグリュイエールの古城は文化歴史博物館となっている。ほかに 18世紀の聖堂がある。人口 1250 (1985推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

グリュイエール【gruyère】

フランス国境に近いスイスのグリュイエール村が原産の硬質チーズ。エメンタールチーズと似るが、より小型でガス穴も少ない。チーズフォンデューに用いられる。グリエールチーズ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グリュイエールの関連情報