コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルリット Gurlitt, Ludwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルリット
Gurlitt, Ludwig

[生]1855.5.31. ウィーン
[没]1931.7.12. フロイデンシュタット
ドイツの教育改革者。 J.-J.ルソー,E.ケイらの自然主義的教育思想の影響を受け,それをドイツに移入するとともに,中等教育の改革に活躍。主著『教育学』 Die Erziehungslehre (1909) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

グルリット Gurlitt, Manfred

1890-1972 ドイツの指揮者,作曲家。
1890年9月6日生まれ。フンパーディンクに師事。ナチスにおわれ,昭和14年来日。中央交響楽団,その後身の東京交響楽団,藤原歌劇団を指揮。27年グルリット・オペラ協会を設立,おおくのオペラを公演した。昭和47年4月29日東京で死去。81歳。ベルリン出身。作品に「ゴヤ交響曲」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

グルリットの関連キーワードボリス・ゴドゥノフ(オペラ)グルリット マンフレートマンフレット グルリットヴィルヘルム エーマングスタフ シェック髙田 三郎伊藤 亘行3月1日音楽用語魔笛

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android