コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレチャニノフ Grechaninov, Aleksandr Tikhonovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレチャニノフ
Grechaninov, Aleksandr Tikhonovich

[生]1864.10.25. モスクワ
[没]1956.1.3. ニューヨーク
ロシアの作曲家。モスクワ音楽院で A.アレンスキーらに,ペテルブルグ音楽院で N.リムスキー=コルサコフに学ぶ。 1903年オペラ『ドブルィニヤ・ニキーティチ』が,F.シャリアピンを独唱者に迎えて成功を博したが,以後教会音楽や歌曲の作曲に専念。 25年ロシアを去ってパリに居住し,46年アメリカに帰化。オペラ,オラトリオカンタータ,交響曲,室内楽曲などの作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グレチャニノフ【Aleksandr Tikhonovich Grechaninov】

1864‐1956
ロシアの作曲家。モスクワの商人の家に生まれ,モスクワ音楽院からペテルブルグ音楽院に移り,リムスキー・コルサコフに学んだ。弦楽四重奏曲ベリャーエフの賞金を得た(1894)あと,モスクワに帰り,ロシア正教会の音楽やオペラの作曲を行い,民謡の収集,編曲にも従事した。革命後,1925年にパリに移り,39年からはニューヨークに定住した。オペラ,交響曲,室内楽曲など多くの作品があるが,合唱曲や歌曲がとくにすぐれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グレチャニノフの関連キーワードリムスキー・コルサコフ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android