作曲法(読み)さっきょくほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作曲法
さっきょくほう

作曲の方法または仕方。すなわちリズム旋律和声などの音楽形成の要素を駆使して一つの楽曲を作り上げる方法。各音楽要素の特性の把握,旋律学,和声学対位法,リズム論,それらの総合的組立てである楽式,管弦楽法,演奏形態への顧慮などおよそ音楽理論に関するあらゆる分野が包括される。直接的には作曲に必要な技法を意味し,さらに各作曲家,時代,国などもそれぞれ特有な技法を所有しているため,それらおのおのの様式をさすこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さっきょく‐ほう〔サクキヨクハフ〕【作曲法】

和声法・対位法・管弦楽法などの理論をもとに楽曲を創作する技法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さっきょくほう【作曲法】

楽曲を作る技法およびその理論。旋律法・和声法・対位法・管弦楽法などを基礎とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作曲法の関連情報