作曲法(読み)さっきょくほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作曲法
さっきょくほう

作曲の方法または仕方。すなわちリズム旋律和声などの音楽形成の要素を駆使して一つの楽曲を作り上げる方法。各音楽要素の特性の把握,旋律学,和声学対位法,リズム論,それらの総合的組立てである楽式,管弦楽法,演奏形態への顧慮などおよそ音楽理論に関するあらゆる分野が包括される。直接的には作曲に必要な技法を意味し,さらに各作曲家,時代,国などもそれぞれ特有な技法を所有しているため,それらおのおのの様式をさすこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さっきょく‐ほう〔サクキヨクハフ〕【作曲法】

和声法・対位法・管弦楽法などの理論をもとに楽曲を創作する技法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さっきょくほう【作曲法】

楽曲を作る技法およびその理論。旋律法・和声法・対位法・管弦楽法などを基礎とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さっきょく‐ほう サクキョクハフ【作曲法】

〘名〙 楽曲をつくるための技法。対位法、和声法、楽式論、楽器論などの理論を含み、標題音楽十二音音楽、具象音楽、電子音楽など、音楽様式の発展に伴って変化した。作曲理論。作曲学。〔音楽字典(1909)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作曲法の関連情報