コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレート・ブリテン号 グレート・ブリテンごう Great Britain

翻訳|Great Britain

3件 の用語解説(グレート・ブリテン号の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレート・ブリテン号
グレート・ブリテンごう
Great Britain

グレート・ウェスタン社の手に成る世界最初の大型鉄船。 1845年デビュー当時は旧型の外輪船であったが,その後換装し,世界初の実用大型スクリュー推進船として革命的な役割を演じた。総トン数 3450t,乗客数は外輪船当時 260人,スクリュー船になってからは 210人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グレート・ブリテン号【グレートブリテンごう】

航洋船として最初にスクリュープロペラを装備した英国船。木船にかわって鉄船の利点を確立した画期的な巨船でもあり,大型の商船としては初めての鉄船でもある。英国のI.K.ブルネルの設計。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレート・ブリテン号
ぐれーとぶりてんごう
Great Britain

19世紀におけるイギリス大西洋横断船。同航路における最初の鉄船であり、最初のプロペラ推進船である。1843年建造。3270総トン、長さ88メートル、1500馬力、平均速力12ノットで、当時最高の性能を誇った。6本マストを備えていた。船体は6個の水密区画に分けられ、安全のためのこの方式は世界最初のものであった。また船体を強固にするためと横揺れを防ぐために、初めてビルジキール(船底両側湾曲部に竜骨に平行に設けた縦通材)が設備された。45年からリバプールニューヨーク間に就航した。46年9月アイルランドのダンドラム湾で座礁したが、翌47年8月に再浮上。52年からおもにオーストラリア航路で活躍した。86年、嵐(あらし)のためホーン岬から流され、フォークランド諸島のポート・スタンリーに接岸、1937年まで石炭貯蔵船として使用された。70年に同船が建造されたブリストルに運ばれ、イギリスの重要記念物として永久保存されている。[茂在寅男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレート・ブリテン号の関連キーワードウエスタンブーツ手に成る雨、蒸気、速度-グレート・ウェスタン鉄道ウェスタまるきサンフェスタ グレープフルーツ100ウェスタン・エレクトリック[会社]ウェスタン[諸島]ウェスタン・アイルズ[州]ウェスタン・タイグレート・ウェスタン号

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone