コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロッバ

百科事典マイペディアの解説

グロッバ

東南アジア原産のショウガ科多年草で,約80種がある。地下に細い根茎をもち,草姿はショウガに似る。観賞性に富む花をつける少数の種が温室で栽培され,近年は切花としても利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グロッバ【Globba】

東南アジアからマレーシア地域に約80種を産するショウガ科の小型な多年草(イラスト)。根茎はそれほど太くならず,それから高さ30~100cmの葉鞘(ようしよう)が巻き重なった偽茎を出す。葉は2列互生,葉身は長楕円形から披針形。花は偽茎の頂端から出る円錐状または総状花序多数つき,黄色,橙色,あるいは白や赤色,時に紫色を帯びる。花序にむかごを生じる種がある。 東南アジアからマレーシア地域では川岸のやや湿った場所や林床に普通に見られ,多数の種が記載されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グロッバの関連情報