グローブ(読み)ぐろーぶ(英語表記)Lefty Grove

  • 1900―1975

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカのプロ野球選手(左投左打)。本名Robert Moses Grove。大リーグ(メジャー・リーグ)のフィラデルフィア・アスレチックス(現オークランド・アスレチックス)、ボストン・レッドソックスに投手として1925年から41年までプレーし、左腕からの煙を吐くような快速球は「スモークボール」といわれ、そのボールを武器に数々のタイトルを獲得、史上最高の左腕投手の一人といわれる。
 3月6日、メリーランド州のロナコニングに生まれる。ボルティモア・オリオールズのマイナー球団に所属し、4年半で109勝36敗の成績をあげた後、1925年にアスレチックスと、当時のスター選手のベーブ・ルースを6000ドル上回る、10万6000ドルの契約金で入団。大リーグ1年目から7年連続最多奪三振を達成し、3年目から7年連続20勝を記録した。エースとしてアスレチックスのワールド・シリーズ2連覇(1929、30)に貢献、1929年の対シカゴ・カブスとのワールド・シリーズでは、リリーフとして登板して2セーブを記録した。1931年にはシーズン16連勝のアメリカン・リーグタイ記録(当時)を達成した。1934年、アスレチックスが経営難に陥ったためにレッドソックスにトレードされた。その年は左腕を痛めて8勝に終わったが、翌35年からカーブ主体の技巧派に変身して、次の5年間で4回の最優秀防御率のタイトルを獲得した。1940年と41年にはそれぞれ7勝しかあげられなかったが、史上12人目の通算300勝を達成して引退した。オールスター・ゲームには6回出場している。
 17年間の通算成績は、登板試合616、投球回3940と3分の2、300勝141敗、防御率3.06、奪三振2266、完投298、完封35。獲得したおもなタイトルは、最多勝利4回、最優秀防御率9回、最多奪三振7回、MVP1回。1947年に野球殿堂入り。[出村義和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グローブの関連情報